学校・生徒の様子 1年生特別の教科 道徳 授業研修会を掲載しました。

1年生 特別の教科 道徳 授業研修会 9月14日(火)

1.jpg  2.jpg

3.jpg  4.jpg

5.jpg  6.jpg

7.jpg  8.jpg

9.jpg  10.jpg

11.jpg  12.jpg

令和3年度「きさ」小中一貫教育推進協議会 第3回合同研修会(道徳授業研修会)を本校,図書室を使用し,1年生が特別の教科 道徳で,「よりよい社会のために」という主体名で授業を行いました。緊急事態宣言のため,ipadとビデオカメラ3台を設置し,関係機関や各学校へZoom配信を行いました。授業の内容は,ゴミ問題に対して,ゴミ箱を設置した方がよいのか,それとも設置しない方がよいのか。というものです。今回は,そこから更にそもそもゴミ問題が発生するのはなぜかを考え,最終的には一人一人がよりよい社会を創り上げるためにはどうすればいいのかまでを考えていきました。生徒の意見としては,立て看板を設置して呼びかけたり,監視カメラや罰則を設けることでゴミを捨てる人がいなくなるのではないかという意見も出てきました。しかし,これらの取り組み方で「よりよい社会」と言えるのだろうか?という新たな問も生まれ,更に思考を深めることができました。 ※1年生学級通信 質実剛健から一部抜粋しました。

・研究協議 ・全体会 ・開会挨拶 吉舎中学校長 名越 隆樹  ・指導助言 広島県教育委員会 指導主事 塩田 佐恵様 ・指導講話 広島大学大学院人間社会科研究科 教職開発専攻(教職大学院)教授 宮里 智恵先生

 

上に戻る