吉舎中Now 校長室(3月31日)

ありがとうございました(3月31日)

03310離退任者.jpg

 今日で吉舎中学校とお別れです。あっという間の3年間,4年間でしたが,保護者,地域の皆様の支援をいただき,楽しく勤務をさせていただきました。ありがとうございました。明日からは,3人とも別の勤務先となりますが,吉舎中学校で学んだことを活かして,新しい場所で,新しい児童・生徒,先生,保護者・地域の方との出会いを大切に頑張っていきます。

 ありがとうございました。引き続き,吉舎中学校をよろしくお願いします。

びほく紙芝居祭りに行ってきました(3月28日)

724CAC6D-C284-46F7-A1F0-FA185B9006DB.jpeg

 今日(28日),備北丘陵公園「ふらり」で行われた紙芝居祭りに行ってきました。7本のうち2本が吉舎の物語でした。一本は,南天山城主「和智氏」の物語,もう一本は,辻「神殿入(こうぞのり)」の物語でした。吉舎よいとこ発見隊の皆さんと,本校卒業生で日彰館高校1年生3人が出演しました。この紙芝居を通じて,吉舎の歴史がより身近になりました。あいにくの雨でしたが,たくさんの来場者の前で立派に発表してくれました。ありがとうございました。

新クッキーが誕生(3月24日)

0324クッキー.jpg

 3月18日(木),参彩堂(みさいどう)さんが中学校へ来校されました。「夢キャラクッキーを3種類加えました(左の写真)」とのことでした。2月25日(木)の「校長室」にあるように,味付けは,これからですが,注文すれば作っていただけるようです。

 また,保育所の所長さんからはんさむコロッケの缶バッチをいただきました。山野芋子のバッチに新たに加わりました。(山野芋子バッチは,Xa104に置いてあります)

 私は,1昨年の小中高の児童・生徒による合同会議で出た「吉舎の活性化」のための子どもたちのアイデア(企画書)が形になったことが嬉しいです。来年度の保小中高の次なる取組にも注目していただきますようよろしくお願いします。

今年度最後のPTA役員会(3月23日)

78F869DA-300A-40A7-95CF-83EC0B1E1687.jpeg

 3月12日(金)に今年度最後のPTA本部役員会を開催しました。今年度は,PTAの役職は,電話で相談して決め,PTA総会もできず,見通しのもてない苦しい6月からのスタートになりました。そのような中でも,挨拶運動,環境整備作業,教育講演会を実施しました。また,広報誌や文集の発行もできました。役員の皆様,会員の皆様ありがとうございました。さらに,書面決議ではありましたが,PTAの規約改正を行い,来年度から,4つの委員会を「学級文化委員会」と「生活厚生部」の2つの委員会と本部役員会にまとめ,より機動的な組織づくりも行いました。今は,新2,3年生の役員さんも決まり,1年生の入学を待つばかりです。来年度の本部役員会は,4月9日(金)の19:00から行い,新旧引継ぎ本部役員会を行います。引き続き,PTA活動へのご協力をお願い申し上げます。

学区所長・校長会(3月22日)

0322所長校長会.jpg

 今日(22日),今年度最後の学区所長・校長会に,広島大学吉田准教授に出席していただき,学区のまとめと次年度の確認をしました。今年度は,小中高児童生徒の「まちづくりの活性化」企画を形にしていった1年間でした。「夢キャラクターづくり」と「クリーンボランティア」の2つの取組から,子どもたちの「まちづくり」への参画意識を高めることができました。次年度は,吉舎の子どもの「表現力」を高めるために,「これなら言える風土づくり(表現できる環境づくり)」を進めます。これなら言える風土づくりを通して,学区の資質・能力である「主体性」「コミュニケーション力」「志向力」の育成に,さらに取り組んでいきます。

 来年度は,学区内の3人の校長が変わりますが,取組を深めて行けるよう,しっかり引継ぎを行っていきます。

修学旅行結団式を行いました(3月12日)

0312結団式団長.jpg

 14日(日)から2泊3日で長崎方面に修学旅行へ行ってきます。今日は結団式を行いました。団長からは「楽しい旅行」にするための2つの方法を話しました。

1 健康で事故のない,元気な修学旅行に!〇旅程はゆったり(いつもの修学旅行より1時間遅い出発です)〇班別は豪華に(長崎班別自主研修は,タクシーを使って名所・旧跡を回ります)〇宿泊所もゆったりです。コロナ対策で,健康と安全を配慮したプランです。自他の健康を大切にしましょう。

2 多くの思い出を作りましょう!形に残る(写真を拒まない。笑顔で写真に映ろう)〇心に残る(自分も周りの人も楽しい旅行にしよう)〇家に帰って語れる(家族に語れる思い出を作ろう)修学旅行にしましょう。 修学旅行期間の「校長室」は,更新しません。修学旅行記をご覧ください。

第74回卒業式(3月11日)

0311卒業式.jpg

 今日(11日)は,卒業式でした。緊張感のある式で,子どもたちの凛とした姿が素晴らしかったです。一番嬉しかったのは,卒業式が,「3年生28人」,全員そろってできたことです。卒業生は,次のステージで,輝いてほしいです。在校生は,3年生が築いてくれた校風をさらに良いものにしていきましょう。

 今日のZoom(テレビ会議)は,無料制限時間を過ぎましたが,「おまけ!(時間延長サービス)」という表示が出て,途切れることなく最後まで,教室のテレビに映ったそうです。(ラッキーでした)

卒業式前日(3月10日)

03310卒業前日.jpg

 高校入試(選抜Ⅱ)が終わり,今日3年生は,2時間目に卒業式のリハーサルを行いました。在校生は各教室で,卒業生は体育館で,テレビ会議を使って教室と体育館をつないで練習を行いました。リハーサルが終わって,職員室へ帰るとカイハラ産業からジーンズ生地の夢キャラクター入り祝詞が届いていました。今年度の取組を象徴する祝詞です。ありがとうございます。

 明日の卒業式は,10時開会です。受付は,9時30分から9時50分の間です。保護者の皆様は,直接グラウンドを通って,体育館前の受付を済ませてください。その際,健康チェック票をご持参ください。式は30分程度で,その後,教室で最後のHR,11時20分ごろから,外で見送りを行います。(雨の場合は,外での見送りは中止となります。)11時30分頃が完全下校となります。明日は,いい式を作っていきましょう。

春らしくなりました(3月9日)

0309花.jpg

 中学校技術・家庭科棟の横の梅の花が咲き始めました。梅の花と言えば,菅原道真,修学旅行先の1日目の昼食会場が太宰府天満宮です。(修学旅行は,3月14日から16日の予定です。)

 学問の神様としてよく知られている菅原道真の太宰府へ左遷が決まり,都を旅立つときに詠んだ有名な和歌「東風吹かば匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」が思い出されます。これは,「梅の花よ,東の風が吹いたら私のいる太宰府まで香りを届けてくれ。私がいなくなったからといって,春を忘れないようにね。」という意味です。私は2月から3月にかけて,春の景色に変わっていく自然を吉舎で楽しんでいます。左の他の写真は,校長室で咲いた「胡蝶蘭」と「紅弁慶」です。

ようこそ先輩 母校訪問(3月8日)

0308母校訪問.jpg

 今日は,3年生の数名の生徒が,午後から小学校の母校訪問をしました。吉舎小学校出身の生徒は吉舎小学校,八幡小学校と安田小学校出身の生徒は,八幡小学校へ行きました。訪問では,中学校3年生が,勉強,部活動,学校生活について,体験をもとに6年生にアドバイスをしてくれました。中学生は,3年間は思った以上に短いので,自分で考え行動し,心に残る思い出をたくさん作ってほしいと話をしてくれました。元執行部の生徒が,学校再開後,すぐに「生徒総会」に取り組みました。久しぶりの生徒会活動で,準備が大変で,とにかく執行部がしっかり話し合って,何をどうしていくか考え行動したことが忘れられないと言っていました。そして,事前に小学生から中学校へ,質問をもらっていましたので,質問についても回答していきました。6年生は,中学校への見通しが持て,進学するのが楽しみになったと話してくれました。6年生と中学校3年生のほほえましい交流ができ,楽しい,あっという間の1時間でした。

日彰館高校の取組を聞きました(3月6日)

0305日彰館.jpg

 一昨日(4日),日彰館高校の「課題発見・解決学習推進プロジェクト」を中心にした取組を,広島大学吉田准教授の講話を聴きながら振り返りました。3年前,吉舎学区で「吉舎できさの子どもをどう育てるか」というテーマで,きさの子どもに身に付けさせたい資質・能力を検討していきました。そして,出来上がったのが「①知識と他者の考えを求める主体性②多様な意見を受け止め自らを関わらせる力③吉舎で学ぶ意味につながる志向性」の3つになりました。(小中学校にもあります)この3つの資質・能力に合わせて,生徒にも先生にも評価しやすい ルーブリック表 をつくりました。研究授業では,ルーブリック表をもとに生徒に振り返りをさせ,研究会に参加した日彰館や私を含め他校の先生からは,研究協議で生徒の様子を交流しながら,先生の名前付きコメントの付箋を生徒一人ひとりのルーブリック表に貼ります。担任は,コメント付きの振り返り表を,生徒一人ひとりに声かけをしながら返却し続けました。これが,吉田准教授の言われる「固有名詞の関り」です。このような評価の取組から,「意欲と主体性を支えるものは,人と人との関わり」であることを確信し,今後も生徒の「かかわる力を」育てていく場や機会,そして評価を続けることの価値を確認できました。

民生児童委員会に出席してきました(3月5日)

0304民生員の会.jpg

 昨日(4日),民生児童委員定例会に出席させてもらいました。民生委員さんは,厚生労働大臣から委嘱された地域の人の身近な相談役で,支援を必要とする高齢者や子どものいる家庭の相談役になったり,市や福祉などの専門機関に支援をつないだりする役割をされています。

 毎年3月,町内小中学校の校長は,この定例会に出席し,児童や生徒の様子をお知らせし,来年度に向けて協力できる体制を作っていきます。この1年間,子どもたちを支えていただいたおかげで,みんなが元気で登校できるようになっています。ありがとうございました。

第2回学校保健委員会,衛生委員会開催(3月4日)

0304学校保健委員会.jpg

 昨日(3日)学校医の三浦先生に来ていただき,学校保健委員会を開催しました。学校からは,欠席状況(出席停止)や感染症システムによる三次市内の欠席状況を報告しました。本校では,インフルエンザによる罹患者0人,1日当たりの平均欠席数も数人程度でいつもの年よりも欠席者は少ないようでした。2月に入り欠席者の数も少なくなり,ピークは越えました。三浦先生が言われるには,三次市では,医療従事者へのコロナウイルスのワクチンの接種がまだ始まっていないそうです。今月末から接種が始まると思うと言われていました。

 衛生委員会では,健康診断についての話が出てきました。本校では50代の職員が多いため,年齢が上がるにつれ「高血圧」,「糖尿病」,「高血圧症」等の症状が出てきます。「生活習慣病は,自分一人ではなかなか治らないので,病院で受診し薬の調節をしてもらって服薬するのがいい。健康診断の結果を軽く見ず,痛みがないからといって,そのままにしておくのが一番悪い」と指導していただきました。

「きさ」小中一貫教育合同研修会(3月3日)

0226小中合同研修会.jpg

 先週の金曜日(26日),小中合同研修会を開き,今年度のまとめをしました。学力向上部会では,道徳科を中心に,3校のテレビ会議での授業交流や,奥田元宋や奥愛次郎をモデルにした地域教材の開発等成果を発表しました。道徳科を中心に,主体的・対話的な深い学びの授業づくりを行うことで,学力向上に取り組んでいきました。引き続き表現力の育成を目指して,小中で取り組んでいきます。生活向上部会では,「あいさつ」「返事」「はき物そろえ」の小中生活3カ条取組,「ふれあい祭り」前の清掃ボランティア生徒指導規程の見直し等を行いました。特に,初めて行った清掃ボランティアは,意欲的に取り組むことができたと報告がありました。来年度は,清掃後の「ふれあい祭り」があればと願っています。庶務部会では,教職員研修の講師謝礼の他,夢キャラコンテスト実施に係る予算の執行を行いました。コロナ禍で積極的に交流できる場面が持ちにくかったものの,多くの成果を上げることができました。左の写真は,協議後,テレビ会議で,各部会からの報告を聞いているところです。来年度に向けても見通しを持つことができました。

 

よっしゃ吉舎情報交流会に参加しました(3月2日)

0301よっしゃ吉舎.jpg

 昨日(3月1日),吉舎町自治振興連合会主催の情報交換会が「よっしゃ吉舎」でありました。3月ということもあり,ロビーはお雛様が飾られ,華やかな雰囲気でした。この会には,自治振興会,老人クラブ,学校,女性会等から20名の方の参加がありました。次長様からは,「『よっしゃ吉舎』の前の生涯学習センターの取り壊しが6月中旬には終わります。原爆慰霊碑の後ろの樹木の伐採も終わったので,8月のふれあい祭りの花火は見晴らしがよくなります。」と話されました。また,「まるごときんさい」1月号で紹介された三次市地域おこし隊で「トレッタみよし」にお勤めの方も来ておられ,吉舎町に住むきっかになった出来事など,話を聞かせてもらいました。学校からは,保小中高の取組を紹介させていただきました。交流会は,町内の団体の様子がよくわかり,有意義な会となりました。3月10日(水)の13時30分から「よっしゃ吉舎」のホールで,「『小さな拠点』づくり全国フォーラム」オンライン研修会の模様をプロジェクター上映されるそうです。全国各地の「小さな拠点」を見ながら,吉舎の「小さな拠点」づくりにつなげて行きたいという思いからの会です。吉舎のまちづくりに,多くの皆さんで関わっていきましょう。

「地域包括支援センターみよし」から来られました(3月1日)

0301包括支援センター.jpg

 今日(3月1日),地域包括支援センターから2名の保健師さんが来校されました。授業で,生徒に認知症について理解をしてもらい,今後は,認知症の人や家族を支援できるサポーターを養成することを目的に,この講座を開いてもらえないかというものでした。本校では,3年生の「総合的な学習の時間」に,地域福祉行事交流という単元を設けています。その中で,ゲストティーチャーとして保健師さんに来ていただき,「認知症とは」というテーマで,説明や寸劇で認知症の理解や何かあったときの考え方や,対応について学びます。今年度はコロナ禍で,地域の高齢者との交流「ふれあいサロン」への参加もできませんでした。来年度は,計画的に進めば3年生の1学期に来校していただこうと思っています。

 中学生は,「見守られる」立場から,「見守る」立場になれる年齢になります。日ごろから周りの人とのつながりを大切にして,目配り,気配り,声かけで小さい子どもやお年寄りを見守ることができる中学生,地域の人の変化に気付ける中学生,いざという時に支えることのできる中学生,声をかけあい周りの人とつながれる中学生に成長してほしいと思います。来年度は,よろしくお願いします。

吉舎学校給食共同調理場運営委員会開催(2月26日)

02256吉舎学校給食共同.jpg

 昨日(25日),本校で,吉舎学校給食共同調理場運営委員会を行いました。この会は,子どもたちの健康や健全な食習慣を養うことや自然や食に関わる人々との関りや,伝統的な食文化を理解するといった目的を達成するために設けられています。運営委員は,吉舎・三良坂各小中の先生や,保護者の15名から構成され,会は学期1回を予定しています。昨日は,年度最後の運営員会で,調理場の運営状況,アレルギー対応,会計状況等報告を聞き,みんなで協議しました。献立作成に関わっては,摂取基準やアレルギー対応はもちろん,地場産物の活用や旬の食材,行事食や郷土食などいろいろな工夫がされていることが分かりました。今年度は,コロナの影響で給食試食会はできませんでしたが,高価な広島和牛や真鯛など,普段食べられない食材の無償提供の話も聞かせてもらいました。給食は,いろいろな方のお世話になり,私たちの口に入るという幸せを改めて感じました。1年間,ありがとうございした。

夢キャラが商品に(2月25日)

0225参彩堂.jpg

 今日(25日),敷地の参彩堂から「はんさむコロッケクッキー」に加え,祖父母の「山野芋子」と「山野芋千」のクッキーを作る為の型の提案をしていただきました。順調にいけば,子どもたちの作った夢キャラが,新たなクッキーとして3月に発売されます。味については,今あるものでは「バニラ」「ココア」「チーズ」「はちみつ」「抹茶」「メープル」の6種類だそうです。この中から,子どもたちの嗜好に最も合うものを2種類作りたいと話されていました。3月には,保育所の「おやつ」として「はんさむクッキー」が登場します。そこで,色々な味を試して,子どもたちの好みの味を見つけたいと話しておられました。子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながら,クッキー話に花が咲きました。新キャラクッキーができるのを楽しみに来月を待ちたいと思います。ありがとうございました。

春の訪れは(吉舎)安田地区から(2月24日)

0224安田.jpg

 今日(24日)の夕方,安田地区に行ってきました。天気が良く,「ユキワリイチゲ」「セリバオウレン」「セツブンソウ」が可憐な花を咲かせていました。1年を通して自生地の環境を整備し,大切に育てられている安田の宝です。今が見ごろです。今週末の天気のいい午後をねらって,是非見に行ってください。

〇「ユキワリイチゲ(雪割一華)」キンポウゲ科に属し,安田地区の一華は原種で貴重な花です。雪を割って一輪の花をのぞかせることから名づけられました。

〇「セツブンソウ(節分草)」キンポウゲ科に属し,節分の頃に花を咲かせることから節分草と名付けられました。花弁に見えるのは「がく片」だそうです。

〇「セリバオウレン(芹葉黄連)」キンポウゲ科に属し,直径1cmほどの可愛い花が咲いています。真っ白な花を見るとこれは「雄しべ」だと思います。切れ込んだ葉っぱを見ると,なるほど七草の芹だとわかります。

ICTの研修を行いました(2月22日)

ict研修会.jpg

 今日(22日)は,北部教育事務所から赤木指導主事に来ていただきICTの研修を行いました。(残念ながらwi-fiにつながっていないiPadでは研修にならないので,)それぞれの先生が,授業を想定して,自分のパソコンから,ネット上にクラスを作りました。そして,そのクラスで,本時に解決したい課題や話し合いたい内容を提示します。生徒は,課題解決のために,一人ひとりの意見を出し合えるアプリを使って,様々なアイデアを付箋に書き出します。その後,グループで,その画面を見ながら,分類したり,1つにまとめたりします。このような協働学習ができるアプリやこのアプリとクラスルームを紐づける方法を教えていただきました。そして,今日の学習が,授業(教科,総合)のどの場面で使えるか考えてみました。私は,イメージが膨らみ,いろいろなアイデアを持つことができました。最後に,赤木指導主事が,「私には難しいからとICTの活用を後回しにするよりも,間違いながら失敗しながら,少しずつ前に進めて行ってください。これは,子どもたちの学習を助けるためのものです。子どもたちは,挑戦する先生の失敗や間違いは,わかってくれますよ。」と言われ,とても印象に残りました。

家庭内インターネット環境の再調査について(2月19日)

0219ネットワーク補助.jpg

 本日(19日),生徒に「ネット環境の再調査について」のアンケートを持ち帰らせました。できれば,左のQRコードから回答をお願いします。無理であれば,回答用紙に記入し,3月26日までに学校へ提出してください。

 質問の内容は,(問1)ネット環境について「□ネット環境あり(無制限) □ネット環境在り(容量制限あり) □ネット環境なし」 (問2)「補助金を使って通信環境整備をしましたか。」(問3)で「ネット環境がない家庭は,補助金を活用をしてネット環境を整備していただけますか。」というものです。

 再調査のアンケート用紙に,「校内だけでなく,家庭学習においてもiPadを持ち帰って活用することも検討しております。その際には,各ご家庭で契約されているインターネット環境に接続し,オンラインにてiPadを活用することを想定しております。」とあります。教育委員会にスマホでの接続について質問したところ,「スマホ等で無線につなぐことは可能です。ただ,容量制限があるので容量に達すると速度制限にかかったり,追加でギガ購入をしたりして,速度回復をする必要が出てきます。」と回答がありました。今回の教育委員会アンケートは,回収率100%となるように協力を求められています。 保護者の皆様ご協力,よろしくお願いします。

奥 愛次郎物語(2月18日)

0218奥愛次郎.jpg

 昨日(17日),校内道徳授業研を行いました。日彰館の創始者「奥愛次郎」先生から生き方を学ぶ授業でした。小さい頃は,人の嫌がることばかりして嫌われ者だった愛次郎が,高浦豊太郎先生と出会い,そして学問と出会います。いつしか,「教育者」になって日本をよくしたい,お金がなくても学びたい者が学べる「学校」を作りたいと強い志を持ちます。苦難を乗り越え,日彰館高校を作ります。学校を経営するためには,多くのお金が必要です。来る日も来る日も,自分の考えを聞いてもらい寄付を集めます。寄付集めを批判され,追い返されることのほうが多かったようです。愛次郎の父親は,彼のやることを反対し続けました。それでも,くじけず寄付を集め続けました。吉舎町に幕末から明治時代の有名な政治家の書や画家の作品が多いのは,愛次郎の教育論に胸を打たれた人々からの寄付です。彼の「志」を支えるものは一体何だったのでしょうか?愛次郎の考え方を想像し,個々で考えた後全体で交流しました。その後は,一人ひとりが将来の夢や,どんな大人になりたいか書いていきました。何人かの生徒が,「自分の笑顔で,周りの人を励まし明るくできる人になりたい」と書いていましたが,自分が「笑顔」になるにはどのような生き方をしていけばいいのか,もう少し個々の思いを聞いてみたかったです。自作教材を作られた吉田先生の熱意とそして,2年生の一生懸命考える姿と愛次郎と自分の生き方を重ねて,将来をよりよく生きようとする姿勢が,3年生へジャンプしようとする自覚だろうと感じさせてくれました。よく頑張りました。 

中学生作品展始まる(2月17日)

0217あーとあい.jpg

 昨日(16日),あーとあい・きさで中学生の作品展が始まりました。以前紹介したようにフロアいっぱいに中学生の作品が展示されています。13日に挨拶に行ってみると,館長さんが,全ての作品を丁寧に手作業で並べられたり,貼ったりと準備されていました。ありがとうございます。広く落ち着いた空間に飾られた作品は,皆さんの努力の足跡も感じられとても素敵でした。皆さんも,是非見に行ってください。

ネットワーク工事をしてもらいました(2月16日)

0216ネットワーク工事.jpg

 昨日(15日)業者の方に入ってもらい,大掛かりなネットワーク工事をしてもらいました。学校には,光回線を通じてルータ(情報伝達装置)が置かれています。今回の工事は,このルーターのハブ(LAN端子)から,各クラスや体育館のアクセスポイントに配線する工事です。これで,アクセスポイントから,生徒用の端末機器には無線でつながることになります。Wi-Fi(無線LAN)と言いますが,全てのスマホやパソコンと自由につながるわけではなく,パスワードが設定してあり,生徒用のi-padや学校のパソコンのみにつながるようになっています。体育館へもLAN配線がされましたが,繋がるには,もうしばらくかかるように聞きました。

 次は,生徒用の端末(i-pad)にパスワードの設定をするように指示があります。初めてのことで,生徒に設定させることは難しいので,学校で設定を行います。その上で使えるようになるということです。知らないことが多く,難しいです。

学校評議員会,学校関係者評価委員会をしました(2月13日)

0213学校評議員評価委員会2.jpg

 今日13日(土),「よっしゃ吉舎」で行う3年生の「立志式」に合わせて,「学校評議員」「学校関係者評価委員」の皆様に集まってもらいました。今年は,学校行事に来ていただく事ができませんでしたが,学校経営に関し,「確かな学力」「豊かな心」「健やかな身体」「信頼される学校」の4つの視点で,どのように取り組み,結果どうであったかを説明させてもらいました。特に今年度は,学校で学んだことを発表する機会がほとんどなく,本校生徒が最も苦手としている「表現力の育成」に課題が残りました。来年度は,いろいろな場面で地域の方と関わり,交流や発表する機会が元に戻ることを願っています。

 今回は,評議員会,評価委員会の後に,3年生の「立志式」を見ていただきました。来年度は,コロナが終息し,多くの学校行事に出席していただき,活気ある吉舎中学校をお見せできればと思っています。今日はありがとうございました。

広島県道徳教育研究協議会(2月12日)

0212道徳.jpg

 今日(12日)の午後,県内小中学校が参加した道徳教育研究協議会がありました。本校からは,青木教頭と岡野研究主任がzoomで参加しました。県内小中学校に向けて,吉舎学区の取組を,吉舎小学校の小原先生に発表をしてもらいました。参加者100人以上ということでしたが,緊張もせず素晴らしい発表をしてもらいました。内容は,他教科と道徳を結びつけた「吉き舎りプログラム」の紹介や発達段階を踏まえた発問についてでした。

 吉舎中学校区では,来年度も引き続き道徳教育を要に教育の推進を行っていきます。

備北観光ネットワーク協議会から来られました(2月11日)

0210こうぞのり2.jpg

 3月28日(日)午後,備北丘陵公園で『第4回びほく紙芝居まつり』が開催されます。その中で,「八幡神社の『神殿入り』の起源を掘り起こして作った紙芝居『とうろうの中の神様』を上演したい。」と備北観光ネットワーク協議会から,生徒に出演依頼がありました。昨年は,紙芝居まつりが中止になり,その時行く予定になっていた本校卒業生に声をかけると,日彰館高校1年生の3人が手を上げてくれました。上演は,3月28日(日)の午後です。会場は備北丘陵公園の入場料無料の施設です。内容が素晴らしいので,皆さんにお勧めします。

Zoomで学校朝会(2月10日)

0209学校朝会.png

 昨日(9日),Zoomによる学校朝会を行いました。

 学校通信11号を使って,インターネットを利用するための注意点を話しました。それは,中学校説明会で話をしていただいた八幡駐在の木村巡査のお話をまとめた内容です。

 ネット犯罪被害防止標語の「あとがこわい」は,よくわかる標語です。「あ…会わない と…撮らない が…画像を送らない こ…個人情報をアップしない わ…悪口を言わない い…いじめない」のネット上でしてはいけない6点です。これを守らなければ「あとがこわい」ということで,被害者にも加害者にもなる可能性があります。学校通信は,保護者の皆様へのお願いが中心でしたが,スマホやゲーム機を使うのは,中学生の皆さんです。家庭でのルールも大切ですが,自分のとった行動(スマホの使い方)には,自己責任が伴うという話をしました。中学校では,以上のようなことや,依存症の問題もあり,学校へのスマホの持ち込みは禁止しています。保護者の皆様もご協力よろしくお願いします。詳しくは学校通信をご覧ください。

10日は広報誌「まるごときんさい」発行日(2月9日)

0209まるごと.jpg

 明日は,広報誌「まるごときんさい」の発行日です。今日(9日)は,自治連の役員さんと一緒に折込作業を行いました。今月は,保小中高の取組「2020年度保・小・中高リレー企画ファイナルステージ」を紹介するために「まるごときんさい」への折込をお願いしました。町内全戸配布には2,000部に折り込む必要があり,私は,保小中高を代表して,お手伝いをさせてもらいました。毎月,このように多くの方の協力により,広報誌が作られています。ありがとうございます。

Zoom朝会の準備(2月8日)

0208zoom準備.jpg

 明日は,Zoom(テレビ会議)を使って学校朝会を行います。放課後(8日),各学年でテレビやプロジェクターの準備をしました。今回が3回目のZoom朝会となりますが,私はなかなか慣れず,今回の準備でも,声が教室のテレビに聞こえないところからスタートしました。明日も心配ですが,使うごとに先生方の操作が確かになっていることも感じています。

 3月11日の卒業式は,卒業生,在校生代表1名,保護者,教職員,教育委員会での式になります。在校生は,教室でZoomを使って参加することになります。失敗しながらでもICTを使って慣れて行くのが一番です。まさに「習うより慣れろ」です。

助産師さんありがとうございました(2月5日)

0205助産師.jpg

 今日(5日),中央病院から3名の助産師さんに来ていただき,1年生の保健の時間に「第二次性徴,妊娠と出産」について,お話をしていただきました。コロナ禍ということで,赤ちゃんを抱っこするなど接触を伴う活動はできませんでしたが,スライドで分かりやすく説明をしていただきました。子どもが生まれようとする力と子どもを産もうとする母親の力が加わって出産につながります。いろんな奇跡が重なって今の私たちがあるというお話を聞き,改めて,男性,女性,という違いはあるかもしれないが「尊い命」に変わりはないということを感じました。ありがとうございました。

中学校入学説明会を行いました(2月4日)

0204説明会.jpg

 今日(2月4日),来年度本校へ入学する6年生とその保護者を対象にした入学説明会を行いました。昨年までであれば,中学校で説明会と児童には体験授業を1時間行っていましたが,今回は,「よっしゃ吉舎」の大ホールで,短時間での説明にしました。校長挨拶PTA会長:PTA活動の説明,教務主任:学校生活で大切なこと,三次警察吉舎・八幡駐在:スマートフォンの安全使用,広島県内の青少年の犯罪,生徒会執行部:吉舎の夢キャラクターを使った学校紹介,事務長:諸費用等について説明させていただきました。

 警察からネット犯罪被害防止標語「あとがこわい」を教えていただきました。(会わない)(撮らない)(画像を送らない)(個人情報をアップしない)(悪口を言わない)(いじめない)スマートフォンは便利な道具ですが,使い方を間違えると加害者にも被害者にもなります。今後,中学校でも「あとがこわい」は,生徒にしっかり伝えていきたいと思いました。

あーとあい・きさ 中学校作品展は2月16日から(2月3日)

0203あーとあいきさ.jpg

 今日(2月3日),2月16日から始まる吉舎町内吉舎中学校生徒作品展の(一部)作品搬入に,美術の先生と一緒に行ってきました。現在,受付の前には,「夢キャラデニム勢ぞろい」が展示してあります。展示会場には,日彰館高校の書や画などの作品が並び,その中には,本校の卒業生の素晴らしい作品もありました。

 中学生の作品は,1年生:「スケッチ(私のお気に入り)」「レタリング」「平面構成(野菜や果物)」「好きな四字熟語」2年生:「鍋敷き」「着物の柄のデザイン」「空想世界」3年生:「自画像」「フェナキストスコープ」「抽象画」の10作品です。美術の先生によると「3年生のフェナキストスコープは手に取って,鏡に向かって回すと,鏡にアニメーションが映し出されます」との事です。2月13日~15日の間で,美術館の方に作品展示の準備をお願いしています。

 地域の皆様,保護者の皆様,そして生徒の皆さん,日彰館高校の展示の次は中学校の展示です。見に来てください。

日彰館の学習発表会に行ってきました(1月30日)

0129日彰館.jpg

 昨日(29日),日彰館高校の学習成果発表会に行ってきました。今回は,「よっしゃ吉舎」に,2年生全員と各学年の代表者が集まり,1,3年生は,高校でテレビ会議を使って行われました。発表者は延べ20人で,その中の11人が吉舎中出身の生徒でした。1年生は,吉舎町の魅力と課題について6つのグループに分かれて調べたことを発表してくれました。最後に,「『吉舎を学ぶ』学習を通して,吉舎のことを知り,地域の人とつながった。これからは,教科や行事など,いろいろな人との出会いや,つながりを広げながら『吉舎で学(ぶ)』んで行きたい」とまとめてくれました。2年生は,台湾との交流について発表してくれました。タイトルは「心の姿勢」でした。まとめとして,台湾という異文化と交流して「〇興味をもとうとする」「〇理解しようとする」「〇話そうとする3つの心の姿勢を持つことの大切さを話してくれました。講評をされた,県立広島大学の上水流先生からは,「思ってもできないのは何から来るのか,その要因を明らかにし,『心』から『行動』へつなげていければいいね」と話していただきました。その他,数学Ⅰ,英語表現Ⅱ,最後は,3年生の卒業論文2作の発表を聞きました。(文が長くなり詳しく紹介できなくてすみません)これからますます,日彰館の生徒が活躍することを楽しみにしています。ありがとうございました。

来年度の防災教育の準備(1月29日)

0129自衛隊.jpg

 昨日(28日)自衛隊三次地域事務所から徳光様に来ていただきました。来年度は,自衛隊の出前防災教育を実施する予定です。近年は大きな災害が多いので,梅雨前に自然災害等の対応について,お話を聞いたり体験をしたりする予定です。昨日は,本校の防災教育のねらいや要望を聞いてもらい,どんな体験プログラムがあるかなどの活動等,できることを説明していただきました。話の中で,西日本豪雨のことや三原での鳥インフルエンザのことも出てきました。子どもたちに聞かせたい内容でした。来年度はよろしくお願いします。

吉舎学区道徳合同研修会に参加しました(1月28日)

0128道徳合同2.jpg

 昨日(27日)は,「きさ」小中一貫推進協議会の第3回合同研修会を行いました。今回は,八幡小学校5,6年生の道徳の授業で,テレビ会議を使っての研修でした。テーマは「誇りある郷土」です。八幡小学校の山下先生は,日彰館高校の創設者である「奥愛次郎」先生についての授業をされました。日彰館は,多くの寄付によって作られました。愛次郎先生は,自分の教育に対する考えや学校の持つ意味を訴え,多くの賛同者を得ました。賛同者からは,現金だけでなく書や画も寄せられました。(日彰館高校の玄関には山県有朋の書が掛けられていたと思います。)

 授業は「吉舎町に有名な人の画や書が多いのは何故か?」から始まりました。中心発問では,「不治の病(結核)と闘いながら,寄付を募り続ける奥愛次郎の気持ち」を聞き,児童は「貧しい人のため,故郷のため…」など,多くの寄付については,「かわいそうだから寄付をしてあげた」という多くの意見に対して「それは違うと思う…」など意見を深めあう発言がたくさん出されました。

 愛次郎先生は知識優先の教育ではなく,「新しい知識と共に,一人ひとりの個性を活かし,地域や我が国の力になれるような人間教育をする」と道徳教育の重要性を強調されています。まさに,教育の原点であると思いました。八幡小学校の皆さんありがとうございました。中学校でも奥愛次郎について学んでいきたいと思います。

1年生社会科の授業研を行いました(1月27日)

0127社会授業研.jpg

 今日は1年生の社会科で校内授業研を行いました。グローバルな視野で日本と世界を捉える授業です。評価問題は,次の通りです。「昼休憩(12時30分)に,細川先生の弟が住むエーレブルーに電話したら,弟が不機嫌でした。なぜ,不機嫌だったのか日本との時差を踏まえて説明しなさい。」生徒は,この問題にチャレンジするために,①経度15度離れていれば1時間の時間差ができる。②日本の位置と離れた場所の位置を知り,何度離れているかわかる。③ ①と②から時差を求める。④現地遅刻は,日本時刻より戻るのか進むのか。この4つが分からないと時差の問題は解けません。東京,ロンドン,ボストンを例に問題を解きます。その後,評価問題にチャレンジしました。まずは,5分間個人で考えます。その後班ごとに交流し,答えを出していきました。まずエーレブルーを地図帳で探し,その位置の経度を調べます。あっという間に5分が経ち,次はグループ活動です。答えの出なかった生徒も,グループでの説明を聞き躓いたところに気づき「朝4時半だったから不機嫌だった」とわかりました。答えは一つです。さらに,日本の何時に電話したらいいか,考えさせるといろいろな答えが考えられ思考につながっていくと思いました。最後までしっかり考え,しっかり交流し,しっかり発表することができた授業になりました。

八幡駐在所から来られました(1月26日)

0126八幡巡査.jpg

 今日,八幡駐在所の木村巡査に来ていただき,2月4日に開催する6年生対象の「入学説明会」の打ち合わせを行いました。話をしていただく内容は,主には子どものスマートフォンの利用についてです。使い方を誤ると,無自覚で「加害者」になることや逆に「被害者」になることもあります。具体的に起きた事例をもとにお話をしていただきます。小学生の父親という視点でも,保護者の立場で日ごろ気を付けていることや頑張っていることも話していただけると思います。20分という短い講話ですが,よろしくお願いします。

GIGAスクール構想が進んでいます(1月25日)

0125ict支援員.jpg

 今日は,ICT支援員さんに来ていただき,G Suite for Educationを使った授業を想定して一人ひとりの研修を行いました。ネットを通じて,生徒にアンケートやプリントを配布するだけでなく,授業初めの小テストや授業終りの振り返りなどもパソコンを使ってできるようになります。また,一人ひとりが書いた意見を瞬時にまとめ,パソコンの画面上で交流しあえるソフトの使い方についても研修をする予定です。学校にi-padは届きましたが,ネットワークの工事が2月末までかかるので,生徒の皆さんの手に届くのは,もうしばらくかかります。本校では,2月と3月にも1回ずつICTの支援員さんに指導していただき,一人1台の教育用端末と高速通信ネットワークを活用した新しい学びができるように取り組んでいきます。

吉舎保小中高のリレー企画完成間近(1月22日)

0122中国新聞.jpg

 「『きさ』教育推進協議会」の会長への取材ということで中国新聞から取材を受けました。昨年の1月15日に,「吉舎町の活性化」について,小中高で行った合同授業のその後についての話を聞かせてほしいということでした。子どもたちが考えた地域を盛り上げるアイデア(企画書)をどのように実現していくか,学区の所長・校長で協議したことの一つ「きさ夢キャラクターで地域をつなぎ活性化する取組」について話をさせてもらいました。今年は,コロナ禍で思ったような動きが取れませんでしたが,保小中高がリレーし,夢を形にしていきました。今月末には,日彰館高校の生徒が,保小中高だけではなく,地域の人や企業を巻き込んで出来上がった人形劇を(DVDにして)保育所の園児の前で披露します。

 この夢キャラクターの取組を通して,子どもたちの主体性や吉舎への愛着が深まり,大人や子どもが,今まで以上につながりあえる関係になったと実感しています。

吉舎学区所長・校長会に出席しました(1月21日)

0121所長校長会.jpg

 今日,吉舎学区所長・校長会に出席しました。この会は毎月1回,吉舎学区の保育所の所長と小中高の校長で「『吉舎』で『きさ』の子どもをどう育てるか」という視点で,教育推進に係る内容を協議しています。今日は,「きさ」の子どもたちで,地域活性化にどう取り組んでいくか,リレー企画の「きさ夢キャラ『山野芋子』物語」のゴールを協議しました。1月28日には,小中学生で作った夢キャラを使って,高校生が紙芝居人形劇を作り,保育所の子どもたちの前で演じます。(今回はDVDです)保育所の子どもたちは,お礼に夢キャラダンスを踊り,地域に発信して行きます。学区の子どもたちの動きが地域を元気にし,地域の元気がさらに子どもたちのエネルギーとなるような良い循環にしたいと思います。詳しくは,「まるごときんさい 2月号」で報告させていただきます。その他,保小のつながりや小中の道徳教育のこと,高校との連携について,今年度のまとめや来年度に向けての行事について協議しました。コロナ禍で,周りは自粛ばかりですが,このような中でも吉舎学区は,がっちり手を結んで,確実に前進できていると実感できました。

三次市から感染防止対策の通知がありました。(1月20日)

0120コロナ.jpg

 市長コメント(1月15日)抜粋>

①PCRセンターが,みよしまちづくりセンターに設置されている。(1月17日から2月28日)… ②…感染症患者の増加により,特に中央病院の医療現場が大きな負担となっている。…ぎりぎりのところで医療関係者の皆さんも踏ん張っていただいている。…市民の皆さんへ感染拡大防止対策についてしっかり啓発をしていただきたい。…

<新型コロナウイルス感染症三次市対策本部より,今後の市の対応について(令和3年1月15日)>※…次の事項について市民等に協力を呼びかける。

1 集中対策の期間(1月18日~2月7日)においては,人と人との接触を極力低減するため,通学や医療機関の受診等やむをえない場合を除き,外出機会の半分削減と外出時間の短縮に努めていただくこと。

2…当面,家族以外との会食を避け,食事の時は極力会話をせず,会話をするときはマスク(不織布マスクを推奨)を着用していただくこと。  三次市健康推進課より「保護者の皆様へ」

<吉舎中学校では> 

 毎日学校では,職員朝会において感染状況を知らせるとともに,今できる感染対策の確認をしています。そして,教室でも生徒へ話をしています。コロナウイルスを持ち込まないことはもちろんですが,もしもの時にも極力リスクを回避するよう,予防方法を周知しています。みんなで協力して,この難局を乗り切っていきましょう。

来年度に向けてに(1月19日)

0118研修.png

 昨日(18日),教育委員会から来ていただいて来年度から新しくなる教科の学習や評価について指導を受けました。学習指導要領(学習時間と内容を定めた国の基準)が,どのように変わったのか,どのように評価していけばいいのかを研修しました。最初は,何のために「評価」をするのか,確認しながら研修を進めました。来年度からは,①「知識・技能」②「思考・判断・表現」③「主体的に取り組む態度」の3観点で評価し,それを基に5段階評定を行います。特に,③の「主体的に学習に取り組む態度」は,授業で習ったことを使って課題を解決しようとしているかといった態度を見るようになります。

 今日の研修を基に,各教科で「評価と指導」について学び,4月からの準備をしていきます。来年は,通知表も今までと少し違うので,生徒の皆さんには,年度初めに説明をしてスタートしていきます。

1.17は忘れない(1月18日)

0117阪神淡路大震災.jpg

 1年生の道徳授業に参加しました。内容は,阪神淡路大震災で,亡くなった子どもへあてた母の手紙です。震災から20年たってやっと書くことができた手紙の終わりには「ママは,ママの悲しみを受け入れてそばに寄り添ってくれるいろんな人のおかげで,再び笑うことができるようになりました。そのすべての人に心から感謝しています。ママの笑顔,しょうくんにも見えていると信じている。」と書かれています。生徒と共に命について考えてみました。

 最初に,26年前の2月,神戸市長田区の県立兵庫高校にボランティアに行った私の体験を話しました。「神戸は,左の写真のように,復興はまだまだの状態で,見るもの全てに胸がドキドキしました。私は,避難所生活をサポートする役割でした。救援物資の仕分けや仮設トイレの掃除,3度の弁当の配給等行いました。そして,多くの避難されている方とお話をしました。広島なまりの私は,『広島の兄ちゃん』と呼ばれ,すぐに打ち解けることができました。どんな小さなことでも『ありがとう』『ありがとう』と感謝され,あっという間に3日間のボランティアは終りました。2月は本当に寒くて,教室や廊下での生活は大変だと思いますが,私が広島に帰る時には『あんたも頑張りや,また来てな。』と涙の別れになりました。『来てよかった。』そんな思いで神戸を後にしました。改めて人と人とのつながりや人の幸せについて考えました。」と生徒に話しました。私は,この当時は吉舎中学校に勤務していたので,ボランティアに行かせてもらった吉舎中学校に今も感謝しています。

自転車通学の皆さん 気が付いていますか?(1月15日)

0115駐輪場.jpg

 昨日から駐輪場の壁パネル交換が始まっています。私は,最近,駐輪場の壁パネルの破損が気になっていました。できて30年?以上経過しているため,朽ちて,至る所が割れている状態でした。職員室でこの話をしていると進藤校務員さんが「修繕をしてみましょう。」と言われ,あっという間に,割れた波板を新しいポリカーボネートに交換していただきました。割れた波板は無くなり,駐輪場が明るくなりました。予算の関係で,全てを交換することはできませんが,すっきりしました。見えないところで多くの方に支えられていることを実感する毎日です。ありがとうございました。

(※「あっという間」と言っても,手間ひまかけて準備して修繕をしてもらいました。)

市学力調査始まる(1月14日)

0114学力調査.jpg

 今回は,1,2年生の学力調査です。これは,以前,文書で通知させていただいた通り,学習指導要領の内容について,生徒の基礎・基本の定着状況を把握し,課題があるところについては,改善を図っていくために行う調査です。また,同時に日ごろの勉強や生活についてのアンケートも実施し,学力との関係をみて,学習内容以外での改善の手立てを見つけていくという目的もあります。

 調査を実施するにあたっては,全ての学校が同じ条件で行えるように,問題用紙,質問用紙,解答用紙,CD等を全て点検し,試験監督の先生は,どのように試験を実施するのか事前にミーティングを行います。今日はトラブル無しで3教科のテストを実施することができました。明日は,理科,英語の2教科です。生徒は,1年間の学習の成果がでるといいと思います。

高校生はすごい(1月13日)

0113青陵オアシス.jpg

 今日,三次青陵高校の先生と生徒の皆さんに来ていただき,マナー講座を開催しました。最初自己紹介をしていただきましたが,渡川先生から「勉強することは大切な事だが,目標に向かって勉強することのほうが励みになる。今,明確な目標がない人は,世の中の動きに興味をもって,自分ならどうするという感覚を持ってください。自分の興味・関心や得意・不得意が分かってきます。」という,自分の体験を基にしたお話をしていただきました。また,機械科系列の2年生の6名が,授業前の姿勢やあいさつ,それに続くオアシス訓練の見本を,きびきびとした行動で,さわやかに見せてくれました。(オ…おはようございます。ア…ありがとうございます。シ…失礼します。ス…すみません。)さすが,青陵高校生徒です。オアシス訓練を進められている茗荷谷先生からは,「指導するのなら,どこに出しても恥ずかしくない,社会に通用する社会人を育てるという意識でやっています。すぐにできる事ではありませんが,気概をもって取り組んでいます。」と話されていました。本校中学生もモデルを参考に一生懸命オアシス運動に取り組みました。ありがとうございました。

お世話になります(1月12日)

0112水道トラブル.jpg

 昨日(11日)の午前中に,教育委員会から「1時間で9トンの水が流れています。水道局で止水栓を止めてもらいました。学校の状況を確認してください。」と連絡をいただきました。(1トンの水は,家庭の浴槽分ぐらいだそうです。)凍結がひどかったので水道管の破裂を心配して学校を点検しましたが,水漏れの様子がありませんでした。そこで,止水栓を開けてどこからの流水か確認しました。すると,受水槽のオーバーフロー管から多量の流水と,給水管周りのポタポタ程度の流水がありました。また,職員室の制御盤を見ると受水槽の満水のランプが点灯していました。以上のことから,水道管の破裂ではなく,機械的なトラブルではないかと業者に修理をお願いしました。連休中の凍結で市内で水回りのトラブルが多発しているため,今日の午前中に修理してもらえるとのことです。トラブルが起きて,私たちの非力さを改めて感じるとともにお世話いただいている皆様に感謝したいと思います。

  <学校給水のしくみ>学校の水は,水道水を受水槽に貯め,その水をポンプで高架水槽に揚げ上から各階へ下す仕組みになっています。(仕組み図と写真:本校受水槽)

年賀状ありがとうございました(1月8日)

年賀状.jpg

 講師の和田先生をお招きして,絵手紙教室をした後,中1で町内の一人暮らしの高齢者の方へ絵手紙の年賀状を書きました。多くの返信をいただきました。ありがとうございました。

 写真左の米寿を迎えられた方からは,「中学時代の思い出をたくさん作ってください。…」その他「昨年6月から中学校の花のプランターの世話をしています。いただいた年賀状のタイの絵を見ると元気が出ます。…」「私も71年前吉舎中の1年生でした。」など嬉しい返事をいただきました。

 今年1年,ますます元気で過ごされますよう心から願っております。

オンライン始業式(1月7日)

0107始業式2.jpg

 新年あけましておめでとうございます。

 各教室で,健康観察をしっかり行った後に,オンライン始業式を行いました。式辞として,私の今の心境を,朱熹(しゅき)の漢詩「偶成(ぐうせい)」を基に話しました。「若いと思っていても,あっという間に年老いてしまい,学業はなかなか成就しない。若いうちから,時間を大切にして生活をしなさい。…月日はあっという間に過ぎ去ってしまうものである。…」

 私は,「今日から1年間の締めくくりの3学期です。3年生は卒業までわずか43日,1・2年生は修了式まで53日(登校日)になります。今日の初日のピリッとした気持ちを忘れず,進学・進級のための準備になる充実した3学期にしてください。」と話しました。

 生徒会長は,「1,2年生は3学期が終わると上級生に,3年生は進学することになります。充実した3学期になるよう頑張っていきましょう。」と話しました。

新年あけましておめでとうございます(1月6日)

0106始業式の準備.jpg

 明日から3学期が始まります。今日は,教職員全体で2学期のまとめや3学期に向けての確認,そして,明日の始業式の準備を行いました。写真の右下の写真は,始業式をZoomで行うためのテストをしています。2学期の終業式は,初めてパソコンを使って,教室と校長室をつないで式を行いましたが,最初教室のテレビの声が小さくて,その対応にドタバタとしました。今回は2回目です。不具合が起きないよう準備をしました。

 1月中に各学校へ生徒全員分のi-padが配られます。そして,2月末までに,全ての教室でi-padが同時につながるように工事が行われます。生徒の手元に届くまでには,もうしばらく時間がかかりますが,少しでも使えるようにできることを増やさなければなりません。生徒の皆さんも,2学期にG Suite for Educationやタブレットドリルの使い方は学習しています。パソコン等のある生徒は,機会を作って慣れておきましょう。

喜びの声を聞かせてもらいました(12月28日)

1221ローズガーデン.jpg

 11月に結婚式の前撮りに来られた式場のスタッフの方が,先週お礼に来られました。担当者の方(左の写真)からは,「二人が出会って3年間生活した思い出の吉舎中学校で記念写真を撮ることができたことは,二人にとって大変な喜びになった」と聞かせてもらいました。

 また,コロナの状況下,結婚式場の厳しい様子も聞かせていただきました。手洗い・消毒は当たり前です。密を避けて,庭を使って外でのセレモニーを演出したり,室内であればテーブルを増やして椅子の数を減らしたりしているそうです。東酒屋にあるこの式場は,1日一組限定で,披露宴は少人数にし,2部制を採用する場合もあると聞きました。その他,式のみの結婚式や写真をたくさん扱ったアルバムづくりなど二人やご家族,ご親族の記念すべき日や行事にするために,多くの工夫をされていることが分かりました。式は3月に入ってからです。コロナの感染が気になるところですが,心のこもった素晴らしい式になると思います。

 学校においてもコロナ感染が心配されます。この休み中は,不要・不急の外出は避けましょう。2020年は残り数日となりました。皆さんお元気でよい年をお迎えください。3学期も気を緩めず,コロナ対策を万全にして,みんなが元気で生活できるように努めてまいります。

11月29日の続きでです(12月26日)

1226畑.jpg

 11月29日の校長室で紹介した畑の続きです。草刈りの後は,耕運機を使って畑を耕しました。

 このHPを始めた9月(9月22日の校長室),畑の柵の中は,山の芋・サツマイモが育ち,収穫間近でした。柵外は,ヒマワリが終わり,コスモスがたくさん咲いていました。今年は,4,5月の臨時休業中に,学校の早い再開を願って,職員や,近所の方の協力で,花の種をまきました。花も芋の収穫も終わり,あっという間の1年でした。そして,季節は冬に変わり,元肥も澄ませた畑は,来年を待つばかりになりました。来年も技術・家庭科部やボランティアで,山の芋や花の栽培を続けてほしいと思います。

三者懇談会ありがとうございました(12月25日)

1225バス.jpg

 23日から25日までの3日間で期末三者懇談を実施しました。ありがとうございました。

 懇談後に保護者の方とお話をする機会がありました。「毎日,送り迎えが大変ですね」と話すと,保護者の方が,JRについて「部活動が終わって間に合うダイヤになってくれませんかね」と話されました。安田地区の生徒は,部活動をすると,JRの時刻には間に合わず,家からの迎えを待たなければならない状況です。入学直後は定期券を購入しても,この不便な状況から,その後は定期券を買わず,保護者が全て送迎を行うようになるということです。話してみて,保護者の皆様の気持ちがよくわかりました。安田地区の保護者の皆さん全員に聞いたわけではありませんが,何か良い手段がないかと市民バスに関わる,吉舎町地域内生活検討委員会(左の写真は,市民バスの地図です)や吉舎支所,スクールバスに関わる,三次市教育委員会や小学校等に相談させていただきました。保護者や子どもたちの願いを実現するためには,声にして状況を知ってもらうことが大切です。関係機関と連携しながら,子どもたちが学びやすい環境を作れるようにこれからも働きかけを続けていきます。

今日2学期が終わりました(12月24日)

1224終業式1.jpg

 今日の4時間目に,初めてZoomによる終業式を行いました。

 盆明けからクリスマスイブまで87日間の2学期が終わりました。コロナ禍で多くの行事の中止,縮小,延期が続きました。そんな中,少ない機会でしたが,生徒は,できることを一生懸命に取り組ました。部活動では,1学期に中止になった選手権大会が,9月末に交流試合として行われ参加することができました。また文化部では,吹奏楽部が「よっしゃ吉舎」でこけら落しを行い,技術・家庭科部は,山の芋に加え,サツマイモの栽培も行いました。茶道部は,はじめて6年生に部活動体験 を行うこともできました。…

 2学期の振り返りの話をした後に,今年の全国高校駅伝 で男女両チームが優勝した世羅高校の「強さ」について,「 自己管理の徹底」と「地元の支援を力に変えていく 」という2点の考えと行動を紹介し,「 緊張した場面や不安(ピンチやチャンス)の時に普段の力を発揮できる『強さ』は,毎日の生活にある」と話しました。

 冬休みは,「自分に自信の持てる毎日」を実現していきましょう。そして,1月7日(木),皆さんと元気で再会できることを楽しみにしています。良い年をお迎えください。

通学路の改善要望書を提出します(12月23日)

1221危険個所.jpg

 先日,昨年要望した通学路の改善要望に関する回答が届きました。本校からは,八幡地区(八幡小学校~徳市方面)の防犯灯の設置を要望していました。街灯については道路管理者ではなく,県維持課へ要望するように回答がありました。

 今年度は,左の写真(三玉から敷地にかけての184号線沿い)にあるように,通学路の歩道の草刈り 三玉地区の馬線川沿いの道路にガードレールを設置 八幡地区の歩道がない箇所への歩道の設置と,倒木,はみ出した樹木の伐採の3点を要望します。特に,の草刈りについては,年1回の草刈りではどうにもならない状況があります。中学校もPTAと協力し,できることはやっていかなければならないと思いますが,年間複数回の草刈りと道路わきの木の伐採をお願いしたいと思います。生活指導部の皆さん,ご協力ありがとうございました。

お詫びします(12月22日 その2)

1222時計2.jpg

 大発見です。これまで,体育館の時計の合わせ方を知る人は誰もいませんでした。体育館の図面はあっても,「パルス発信機」というものが時刻を合わせるための時計だとは誰も気づかずにいました。昨日,時計を合わせていただいた工務店の方の他からの情報によると,「管理室に時計を合わせるための時計がある」とのことでした。「管理室」というのは,体育館と別の建物で,外部の方が利用される部屋です。管理室にある左写真の「時計」を使って,体育館の中の時計とバックネット側の外時計の時刻を合わせることができました。ありがとうございました。そして,昨日の大変な作業に対し,お詫びいたします。

時計の時刻の修正も(12月22日)

1222時計.jpg

 昨日(21日)から体育館の内装の工事が始まりましたが,同時に,時計の時間の修正もお願いしました。体育館の時計は直径70cmで,床から5mの高さに位置します。最近の時計は,地上で修正できるようですが,平成8年(24年前)に体育館が落成した時に付けられたこの時計は,一般家庭の旧型の時計と同じで,時刻の修正は,時計の裏のねじを回して行う原始的な時計です。いざ,修正するとなると時間のかかる大仕事になりました。5分の遅れを取り戻し,しばらくは,正しい時を刻んでくれます。業者のみなさん,ありがとうございました。

体育館工事が始まりました(12月21日)

1221体育館工事.jpg

 今日(21日)から体育館工事が始まりました。これは,体育館の上の鉄骨周辺のモルタルが2階ギャラリーに剥がれ落ちそうな状況にあり,これを修復するための工事です。三次の業者の方が,早くから作業に入られました。写真,一番左の足場は,30分もしないうちに組み立てられ,この後は,端から足場を移動させながら,壁のモルタルを落とし,塗装をして修復するそうです。工事期間は今月28日までです。先週から雪も降り,体育館は気温が上がりませんが,安全に気を付けていただきますようよろしくお願いします。

西城紫水高校から来られました(12月20日)

1219西城紫水.jpg

 先日(18日)西城紫水高等学校から校長先生が来校されました。今年度の高校全体の進路状況や本校卒業生の進路についてにお話をしていただきました。紫水高校は寮があるために,全国から生徒が入学していると聞きました。寮は,土日は食事がないのが普通ですが,紫水高校は,遠くから入学している生徒のために,毎日の食事があると聞きました。今は,一人一部屋で,平日利用だと寮費と食費合わせて,月額33000円だそうです。

 1学年1クラスの家族的で面倒見のいい学校です。私の実家から近いということもあり,たくさんお話を聞いたり,話をしたりすることができました。ありがとうございました。 

 修学旅行に向けて(12月19日)

1219JTB.jpg

 修学旅行業者の方が来校されました。本校の予定は3月14日から2泊3日で,九州方面への旅行です。コロナウイルスが拡大している中,できるだけリスクを回避して,安全に行くための色々な工夫を,他校の例を参考に相談をさせていただきました。1月には,保護者説明会をさせていただきます。旅行の安全について,気になる事は,三者懇談で担任に相談してください。子どもたちの大きな経験や思い出になるように,業者の方としっかり連携し,説明会で回答できるように,準備を進めていきます。よろしくお願いします。

「おもてなしプラン」での留学生からの返事です(12月18日)

1218おもてなし.jpg

 おもてなしに参加した留学生の皆さんから,日彰館高校へメールが届きました。中学生の発表に対してもメールがあります。ほんの一部ですが,中学生に関係のある部分を紹介します。

「…素晴らしい『おもてなし』ありがとうございました!…特に,最初に高校生が演奏した「歓喜の歌」は,平和の重要なメッセージを伝えていると思いました。佐々木禎子さんの話はもう知っていたのですが,子供たちからこの話を聞くと違った感じでした。いつの日か,原爆が過去の物となり,人類が原爆の恐怖から解放されることを心から願っています。子どもたちの発表を聞いて,多くの人々の心を変え,相互理解が進むことを願っています。」

 子どもたちが学んだことを,自分の言葉で表現することで,次へつながり広がっていく事を実感できた「おもてなし」への参加でした。ありがとうございました。(吉舎中Now 校長室11月20日と関連しています)

日彰館高校の総合発表会へ行ってきました(12月17日)

1217総合発表会.jpg

 昨日(16),日彰館高校の総合発表会に行ってきました。これは,3年生が,日彰館高校での3年間の学びや,これからの自分の生き方について,「個人課題研究」という形で,まとめて発表する会です。聞き手は1,2年生で,3年生の発表後には,質問,感想,評価をしていきます。評価は,吉舎学区で育てたい3つの資質・能力のうちの2つ,「多様な意見を受け止め自ら関わらせる力」「ヒト・モノ・コトの背景にふれ,吉舎で学ぶ意味につなげる志向性」についてです。(言葉は違いますが,吉舎の小・中でも育てたい資質・能力は同じものにしています)資質・能力の評価については,4段階のルーブリック評価を用いて,発表する側も聞く側も4段階のどのレベルの発表か評価できます。

 私が聞いた発表は,「将来小学校の先生になりたい」という生徒の発表でした。道徳の授業の指導案を作り,児童にどのように指導していくか,自作資料を基に学習の展開を発表してくれました。内容の質問もありましたが,「高校の先生に授業について注文することはありませんか?」という大学教授からの質問に対して,導入で,本時の学習内容に関わる社会的情勢や話題等を入れてもらえると,より授業が身近になると答えていました。さすが3年生,この発表は,1,2年生の価値観を刺激する発表でした。ありがとうございました。

1年生で研究授業を行いました(12月16日)

C6CADAB0-F611-48EB-A75A-5D86C60388E4.jpeg

 1年生の英語の授業です。

 今まで学習したことを基に,家族や友だちまた自分の興味ある人物を10文以上で紹介する授業でした。紹介したい人をマッピングし,10文以上の文を作る。できた文を導入,本文,結びの順で並べ替え,わかりやすい文章を作るという授業です。辞書を片手に,これまで習った語順や動詞に注意しながら,個々で英文に直していく主体的な学びです。最後は,グループで友だちのアドバイスを基に文や文章を修正していきました。1年生が一生懸命英作文にチャレンジした時間でした。

中学校の取組が「淡交」に載りました(12月15日)

1215淡交.jpg

 茶道雑誌「淡交」(令和3年1月号)で,中学校のことを紹介していただきました。

 9月3日に,吉舎小学校,八幡小学校の6年生の皆さんが,吉舎中学校の英語の授業と部活動の体験をしました。

 英語の授業は,「日本の伝統文化を英語で紹介しよう」という内容でした。学校茶道の野曽原講師にも授業に参加していただき,茶道の歴史や良さを英語で説明してもらいました。

 茶道部の活動では,講師が,ALT(英語助手)と部員に,英語を交えての指導をされました。中学生は,小学生に優しく教えていました。その様子を紹介していただきました。ありがとうございます。

風景開眼(奥田元宋物語)(12月14日)

1214元宋物語.jpg

 東山魁夷(ひがしやまかいい)の青,奥田元宋の赤。昨秋,東京にある山種(やまたね)美術館では,魁夷・元宋の二人を取り上げた展覧会が催されました。3年生道徳の教科書には,東山魁夷が取り上げられています。私は,この教材を読んだとき,魁夷以上に,吉舎の偉大な日本画家の「奥田元宋」について,生徒に知ってもらいたいと思いました。今日は,念願かなって,3年生の道徳授業で,自作教材「風景開眼」を作り,奥田元宋を取り上げた授業を行いました。元宋先生は,「私は,型破りの人間でも,才能のある人間でもない。自然に導かれ,少しずつ道を歩んできたような気がする。」と言われています。元宋先生のことを知ってほしいという,元宋の赤のような私の熱い思いを3年生は受け止め,最後まで一生懸命考え発表してくれました。今日の授業は,私にとって,思い出に残る最高の授業となりました。ありがとうございます。

まちづくり検討委員会へ行ってきました(12月13日)

1210よきやどり検討委員会.jpg

 先日(10日),まちづくり検討委員会へ出席しました。12月中旬から始まる生涯学習センター解体工事に伴う仮囲いや,今後の工事についての説明をしていただきました。特に駐車場については,バスも含め,利用しやすい駐車場について意見が出されました。来年の8月末には解体工事が終わり,慰霊碑の隣は,芝生と70台の車が停まる駐車場ができることが分かりました。

中学校からは,拠点施設の利用に関わり,「勉強のために図書館を利用する生徒が多いため,地域の方で,定期的に,無料で生徒の勉強を見ていただくようなことはできませんか」と言わせてもらいました。要望に対し,前向きに話を聞いてもらえました。今後も引き続き,この会で協議に加えていただこうと思います。

民生委員・児童委員会へお邪魔しました(12月12日)

1210民生委員会.jpg

 先日(10日)会へ出席させていただき,中学校の様子や現在取り組んでいることを報告させていただきました。中学校1年生が,地域の一人暮らしのお年寄りに年賀状を書く予定があり,今年度の各地域の様子を教えていただきました。本来,20名の委員さんで地域を担当されるようになっていますが,現在17名の委員さんで地域を担当されておられるそうです。中学校にもよく来ていただいて,地域の子どもたちの様子を交流しています。今後ともよろしくお願いします。

絵手紙の指導をしていただきました(12月11日)

1209絵手紙.jpg

 先日(9日)絵手紙講師として,近所の和田さんに来ていただきました。1年生が,町内一人暮らしのお年寄りの方へ年賀状を書きます。和田先生は,積極的に子どもたちに声をかけていただき,手本を示しながら,絵手紙の書き方を指導していただきました。和田先生の書かれた手本はどれも明るく元気な作品ばかりです。生徒一人一人が,書き方の練習をした後に,はがき大の紙に,用意した干支の人形や野菜,花など明るい,めでたい絵を描くことができました。次の時間に年賀状へ清書していきます。どんな年賀状になるか,楽しみです。また,HPで紹介します。和田先生ありがとうございました。

三次市文化連盟より来校がありました(12月10日)

1209短歌俳句寺田.jpg

 先日(8日),三次市文化連盟の寺田様が,第17回みよし文化祭短歌大会の賞状をもって来られました。今年度は,中学生短歌の部で,天賞1,入選1,俳句の部で入選1の3点が入賞しました。

 特に,天賞の短歌「コンクール中止となりし2020奏でたかった吉舎中ハーモニー」は,生徒の部活動にかける思いがよくわかる作品です。2020のコンクールはありませんでしたが,一生に一度しかない「よっしゃ吉舎」のこけら落とし2020_11_15で,素晴らしい演奏をしてくれました。

奥田元宋・小由女移動図書館開設(12月9日)

1209奥田元宋コーナー.jpg

 昨日(8日),吉舎読み聞かせグループの方のお世話で,校長室前に移動図書館を開設していただきました。奥田元宋・小由女さん夫婦揃っての文化勲章受章の功績を地元の中学生全員に知ってもらいたいという思いからです。開設期間は2週間です。まずは,この10冊のどれかを手に取って見てもらいたいです。

 来週は,3年生の道徳で,元宋先生のことを勉強します。授業については,来週のHPにて報告します。

楽生塾から情報をいただきました(12月8日)

A77258A5-91AA-4FD6-8C7F-B5CCBA437F1C.png

 昨日(7日),吉舎町の文化スポーツサークル団体「きさ楽生塾」の茶道サークルの皆さんから,「銀山御膳」のレシピをいただきました。「銀山御膳」というのは,石見銀山から尾道まで,銀を運んだ方々に吉舎で用意された昼食です。本膳,二の膳,三の膳と3つの膳からなり,山の物,海の物と食材をふんだんに使ったおもてなし料理です。6日に,このサークルで全て自分たちで作られたそうです。

 たくさんのおいしい料理を御馳走(ごちそう)と言いますが,遠い昔,海から遠い吉舎で,刺身やエビが食べられたのは,瀬戸内海等へ早馬を走らせて,タイやエビを用意できたからです。だから「御馳走」というのだそうです。早く,コロナが終息し,学校でも,家庭科や部活動で「銀山御膳」が作れるようになればと願っています。

よっしゃきんさい 朝のコーヒータイム(12月7日)

6380A211-DFCD-4317-B956-C62817886293.png

 今日,「よっしゃ吉舎」に行ってきました。落成式があって1カ月たちました。吉舎町自治振興連合会 会長からの呼びかけで,1か月後の「よっしゃ吉舎」の利用状況を交流しました。参加者は,テープカットしたメンバーに呼び掛けられ,民生委員・児童委員,自治振興会役員,集落支援員,シルバー人材センター,商工会,青少年健全育成吉舎町民会議,あーとあい・きさ,図書館,吉舎支所,中高の校長が集まりました。自治連では,毎日10人以上の来客があり,忙しく過ごしています。図書館は,開館して2週間ではあるが,これまでの1か月の入場者の120%以上の来場があると聞かせていただきました。夕方は電気をつけ,宿直の方もおられるため,安心して,子どもたちの待合に利用できるようにしていただいているということです。本校生徒に聞くと,「以前の図書館だとスペースが狭く長居ができなかったが,今は図書館の利用者が多くても,2階のスペースがあり,よく使っています。」ということでした。12月半ばから,今までの生涯学習センターの解体の準備のため囲いをされ,来年早々から解体工事に入るということです。使いやすさや改善点など,これからの皆さんの声をもとに改善されていくということです。引き続きよろしくお願いします。

来年度英語の教科書が変わります(12月4日)

1204光村.png

 昨日(3日),光村図書から来年度三次市で採用となった英語の教科書「Here We Go!」について説明に来られました。この教科書の特徴は,1年間の英語授業で,1冊のテキストを5回,切り口を変えて繰り返し学習できる仕掛けがあり,「話すこと」「書くこと」つまり,英語でのアウトプットが苦手な生徒の発信力を伸ばすことを意識して作られたそうです。映像・音声コンテンツが充実しており,スマートフォンを使って教科書の本文やリスニングの音声を何度も聞くことができます。実際に見せていただきました。英語の教科書だけでなく,来年度からの教科書は,インターネットとつながり,主体的にどんどん学べる工夫がされています。しっかりと学んでほしいと思います。

稽古にしっかり励みましょう(12月3日)

1203アマビエ2.png

 今日茶道部のおけいこの時に使ってほしいと茶道部 野曽原講師に和菓子をいただきました。この菓子は,先生と同じ地域に住んでおられる方が,茶道部の生徒のために,コロナ退散を願って,疫病退散の言い伝えがある予言獣「アマビコ」の絵をモチーフに手作りで作られたものです。妖怪と聞けば怖いイメージがありますが,手作りの「アマビコ」は,かわいらしいユルキャラのようです。ありがとうございます。昨日に続き,周りの皆様の心温まる心遣いに感謝するばかりです。茶道部の皆さん,お茶をいただくと同時に,気持ちをしっかりいただき,稽古を充実させましょう。

サングリーン・保護者・地域の皆様に感謝します(12月2日)

120103クラブ.png

 サングリーンが,今年も,三次市内の中学生の部活動応援企画として,「サングリーン03クラブ」に取り組まれました。これは,サングリーンでもらったレシートを,応援したい中学校のボックスに入れ,集まったレシート総額の0.3%をその中学校の部活に寄付するという応援企画です。寄付と共に温かいメッセージもたくさんいただいています。本当にありがとうございました。

寄付していただいた金額 ¥36,524円

頂いた温かいメッセージ 「64歳のおばあさんです。私はバレー部で3年間汗を流しました。今でもこの3年間は私にとって大切な思い出で,人生の貴重な宝物です。皆さん頑張ってくださいね!!」 この他にもたくさんメッセージをいただきました。

※チラシは,サングリーンのHPからコピーさせていただきました。

奥田元宋・小由女美術館に行ってきました(12月1日)

1130奥田元宋小由女美術館.png

 昨夜,美術館へ行ってきました。満月の日(11月30日)は,開館時間が21時まで延長されるということで,小由女先生が文化勲章も受賞されたということもあり,私の中では記念すべき11月ということで,熊谷守一展と合わせて,鑑賞してきました。小由女先生の「月の別れ」という作品が印象に残りました。これは,満月の日に亡くなられた元宋先生の体も魂もすべて月に導かれ,あの月に迎えられていったのだという思いと何とかこの場に,形を残したいという気持ちから生まれた作品だそうです。(美術館の説明より一部抜粋)入館が20時ごろになり,2階ロビーから見る月は,すでに高い位置にありましたが,満月を見ながら,心に潤いをもつことができました。次回の開館延長は3月29日だそうです。

校内授業研を行いました(11月30日)

1130授業研.png

 今日(30日),3年生のクラスで道徳授業研を行いました。「二通の手紙」という教材を使って,「法や決まりの意義」について考えました。保護者同伴でしか入場できない動物園,しかも入園終了時間を過ぎて現れた姉弟。その二人は,毎日のように動物園の門近くまで来ては,中をのぞいていた。姉弟の9歳の姉は言った。「今日は弟の4歳の誕生日,大好きなゾウやキリンを見せてやりたい」と,握りしめたお金を受付の元さんに渡した。元さんは,いけないとわかっていたが,「特別に見せてあげよう。…」と言って二人を入園させた。その後,閉園時間を過ぎても戻ってこない姉弟に,動物園は大騒ぎになる。時間を忘れて遊んでいた二人が元気で見つかったのは,一時間後。元さんのとった行動に対して,「母親からのお礼の手紙」と「園からの懲戒処分の通知」を受け取ることになった。

 元さんのとった行動に対して,「法や決まり」の持つ意味について,みんなで考えることができました。最後に,元さんが,晴れ晴れとした顔で園を去っていく心の内を考え,交流している生徒の姿が,印象に残りました。

畑をきれいにしています(11月29日)

1129畑.png

 昨日(28日),山の芋を収穫した畑(体育館裏)の草刈り作業をしました。(左写真上:前 下:後)十分な管理はできていませんが,収穫できたことに感謝しながら,1畝ほどの芋畑を綺麗にしました。しかし,畑全体は1反ほどあり,これからが作業本番です。イノシシが掘り返した畑の草を集め,耕して今年度の管理はおわりにしたいと思います。先日は,地域の方にたくさんの草を処理をしていただきました。ありがとうございました。また,作業をしていると,声をかけていただいたり,飲み物を差し入れてもらったりと,よくしていただいています。これから,校務員さんにお手伝いをしていただきながら,少しずつ,作業を進めて行きます。きれいになるまでもうしばらくお待ちください。

学校運営協議会に出席しました。(11月28日)

1127学校運営協議会.png

 昨日(27日),日彰館高校の学校運営協議会へ行ってきました。学校運営協議会を設置した学校をコミュニティ・スクールと言います。これは,学校と地域住民等が力を合わせて学校の運営に取り組むための仕組みです。この会では,2学期の日彰館の取組である,オンラインでの留学生との交流「おもてなしプラン」やイギリス在住の卒業生の方と仕事に関わることや政治情勢など,オンラインで「ようこそ先輩」事業を行われたことなど,グローバルな教育内容と成果を聞かせていただきました。また,吉舎地域で行っている,保小中高のリレー企画「夢を形に」と題して,地域の企業を巻き込んでのローカルな教育内容について聞かせていただきました。ローカルとグローバルを融合させ,充実したグローカルな取組に感心しました。

 しかし,教育課程とは別に,地域の問題として,「生徒の通学」に係ること,「小中学生の減少」について,どのように対応していけばいいか知恵を出し合いました。いずれにしてもこれからは学校だけでなく,地域が一体となって学校づくりに参画していく事が大切であると感じました。小中学校も再来年からコミュニティスクールに変わると聞いています。日彰館の取組が良きモデルとして機能するように,私も地域の皆さんと協力して知恵と汗を出したいと思います。

人権の種をまこう(11月27日)

1126人権擁護委員.png

 昨日(26日)人権擁護委員さんが,左写真の左下「種をまこう」という冊子をもって,来校されました。各クラスへ2冊ずつ置くことにしました。冊子をめくると,種をまこう…「人権」という名の種をまこう そして 「思いやり」という名の水と「愛」という名の栄養をたっぷりとそそいであげよう みんなの「笑顔」という名の陽をあびて きっと芽が出る 花が咲く やがて 大きな幸せの実がみのる と書いてありました。 この冊子は,日々の生活の中にある出来事を作品にしたものや中学生の人権作文が載っています。どの作品も心を打つものばかりです。

 学校からは,左写真の下右の厚生労働省から出された「体罰等にたよらない子育てを広げよう!」について,今年度法改正はされたものの,保護者の皆さんに十分なお知らせができていないことをお話しました。

 心に潤いをもって,ちょっと作文を読んでみる。これだけで,優しくなれたり,気遣いができたりすると思いました。人権擁護委員さん,ありがとうございました。

「あーとあい・きさ」へ行ってきました(11月26日)

1126あーとあいきさ.png

 24日の中国新聞の県北版に「あーとあい・きさ」の企画展のことが載っていました。今日(26日)は,奥田小由女先生の誕生日ということもあり,展覧会へ行ってきました。奥田小由女先生,おめでとうございます。

 以前,広島日展会は,ここで何度か目にした先生方の作品が多く展示してありました。常設展示の奥田元宋先生の所には,小由女先生の「春耀」(左の写真はHP「広島ぶらり散歩」より)が,展示してありました。小由女先生から次のようなメッセージがありました。「…ふるさと吉舎の自然の風景は,感性を育てた原点であり,人形作家としての原風景である。小中そして日彰館での思い出は最も多く,豊かな心の宝物である。『春耀』は,明るい春を待ち,その歓びを女性像にかりて表現し,これからの未来が明るいものであってほしいという願いを込めて制作した。(要約)」とありました。

 生徒は,まだ企画展に行っていないようです。中学生までは,無料です。奥田小由女先輩の作品も見てほしいと思います。

「図書館利用」は地域の活性化!(11月25日)

1125図書館.png

 昨日(24日)の夕方,「よっしゃ吉舎」の中にある吉舎図書館へ行ってきました。エントランスの右側,吉舎支所の前を進んだ奥にあります。中は明るく,落ち着いた雰囲気で,多くの書籍が置かれています。司書の方にお話を聞くと,14席の自習ができるスペースが用意されており,開館以来,平日は30人,土・日には70人~80人の利用があるということでした。昨日は,本校の期末テスト前日ということもあり,多くの生徒が利用していました。中学校では,迎えを待つ生徒だけでなく,部活動のない日など早く下校する生徒に対して,積極的に公共施設(図書館,美術館)を利用するように指導しています。生徒は,一生懸命期末試験に向けて勉強していました。2階の児童クラブで遊ぶ子どもの声も聞かれ,活気ある「よっしゃ吉舎」に嬉しくなりました。(図書館の開館時間は10時~18時です。)

 中学生の皆さん,今後も気持ちよく利用して,地域の活性化につなげて行きましょう。

ご縁を大切に(11月24日)

1124結婚.png

 吉舎中学校出身の若い同級生が3月に結婚します。衣装の前撮りを吉舎中学校でさせてほしいと10月に電話があり,「大きな喜び」なので,協力させてもらおうと快諾しました。昨日(23日),総勢9名で来校され,楽しそうに写真撮影をされました。新郎のご両親も一緒に見守られていました。本当におめでとうございます。

 中学校時代の出会いは,一生の出会いにつながることがあります。「ご縁を大切に」とよく言われますが,縁は,糸へんに端と書き,織物のふちから糸をよることで,「めぐりあわせ」といった意味なのだそうです。どんな種でも,種だけでは,花も実もできません。土,太陽,雨,養分等と縁があって花を咲かせることができるのです。日々の生活の中で,出会いやつながりを大切にしていく事が,自分の成長につながっていくのだと思います。

吉舎中学校の歴史+α(11月23日)

1123第1回卒業式.png

 昨日の続きです。一昨日(21日)の「吉舎中の歴史」の記事に間違いがありましたので訂正します。それは,「吉舎の中学校を卒業した生徒は,361人」の部分です。当時八幡村にも中学校があり,昭和23年開校し,統合される昭和28年度まで301人の卒業生がいました。昭和25年度には49人の生徒が卒業していました。従って,昭和25年度は,「現在の吉舎の中学校を卒業した生徒は410人」が正しいということになります。左の写真は,吉舎中学校第1回卒業記念写真です。

 今年文化勲章を受賞された奥田小由女先生は,昭和26年度の「吉舎中学校卒業生」であることもわかりました。(日彰館中学校99人,吉舎中学校145人,八幡中学校54人,昭和26年度卒業生 計298人)奥田小由女先生,文化勲章おめでとうございます。先生の偉業に対し,吉舎中学校長として大変誇らしく思います。小由女先生は高校時代を振り返り,生徒の皆さんへ「生徒皆が夢を追いかけていた。今の若い世代も夢を実現させてほしい。」(中国新聞の記事より)と話しておられます。

吉舎中学校は,日彰館女学校跡地だった(11月22日)

1122吉舎中.png

 昨日の続きです。左の写真は,私学日彰館女学校です。(昭和15年卒業アルバムより「私学日彰館女学校」全景)日彰館女学部は,明治34年,明覚寺の住まいを仮校舎として創設されました。その後,善逝寺,酒庫校舎,四日市校舎へ移転し,昭和23年新学制により,日彰館女子高等学校として発足し,新制中学校も付属日彰館中学校として併設されました。2年後の昭和25年日彰館高等学校が男女共学制を採用し,女子高等学校を併合したため,その女子高等学校跡地の旧校舎を買収して,昭和25年4月17日吉舎町立吉舎中学校が現在の地に開校しました。

3年生の一人一研究吉舎中の歴史より(11月21日)

1120生徒数推移.png

 文化祭で発表できなかった3年生の中に,吉舎中学校の歴史について調べた生徒がいました。生徒のために,安田の雲井さんにお世話になり(10月15日),開校当時の吉舎中学校の情報を集めてみました。

 昭和25年度,最初の吉舎中学校卒業生は107人日彰館付属中学校卒業生は254人で,吉舎の中学校を卒業した生徒は,361人です。当時の日彰館中学校は私学で,吉舎町に限らず,広く他の地域からも生徒が集まっていました。昭和22年開校した吉舎中学校は,財政難を理由に,財団日彰館に10年契約で委託されたそうです。しかし,わずか2年で契約を解き,昭和25年4月,今のこの地に吉舎中学校ができました。

 卒業生の数(左グラフ:昭和25年~平成元年)が分かったので紹介します。(日彰館100年の歩み,日彰館同窓会会員集計表,吉舎中学校卒業台帳,沿革史より)つづく

1年生が「おもてなしプラン」に参加します(11月20日)

1120おもてなし.png

 昨日(19日)の1年生の様子です。

 1年生は,文化祭で発表した平和学習の内容を,今日(20日)行われる「日彰館おもてなしプラン」の中で,広島大学留学生に向けて発表します。文化祭では,20分かかった発表を5分に縮めて,英語に直して発表します。左下の写真は,英語で読み合わせをしているところです。左上の写真は,発表に使う小道具です。内容は,「『原爆の子の像』と『三次市』との関係について」です。英語で話すことは難しいと思います。しかし,学びのだいご味は,できないことができるようになることです。しっかり覚えて,はっきり発表し,多くの留学生,日彰館高校の生徒,吉舎小や八幡小の児童に理解してもらいましょう。

 頑張れ!

卒業アルバムの撮影がありました(11月19日)

1118卒業アルバム.png

 昨日(18日)午後,スタジオMの方に,卒業アルバム写真を撮っていただきました。昨日は,11月というのに日差しが強く,汗ばむくらい暑い天気でした。昼休憩に職員写真を撮り,午後は生徒の個人写真,部活動写真を撮ってもらいました。私が,中学生の頃の卒業アルバムは,白黒写真でした。しかし,40年以上たっても,大切に残している大切な写真で,写真を見ると昔のことが懐かしく思い出されます。

 今年は行事が少なかったので,少し残念なところもありますが,何十年もたつと,「あの時は,コロナで学校が休みになったね。…」など,逆に話題になることが多く出てくると思います。昨日は,みんな「いい表情」で撮ってもらえたと思います。

 ありがとうございました。

毎週火曜日は朝会です(18日)

1117学校朝会.jpg

 火曜日は,「学校朝会」または「生徒朝会」を行っています。昨日(17日)は「学校朝会」で,校長から,この「吉舎中Now」で紹介した二人の先生についてお話をしました。人間国宝の隅谷先生が,一生かけて作れなかった鎌倉時代の名刀の再現を自分の手でやると刀鍛冶を目指した久保先生と,5年間南米で野球指導を行い,そこで身に付けたポルトガル語とスペイン語を使って,来日した外国籍の子どもたちの教育にあたりたいと語る谷口先生のお話です。二人に共通することは,「情熱」です。高い理想をもって,それを実現したいという強い気持ちに私の心も熱くなりました。

 現在私は,3年生の面接指導をしています。生徒もこのお二人の先生のように,「○○したい!」「○○高校で○○を学びたい!」「将来○○になりたい!」と熱く語ってほしいと思います。

学校薬剤師の先生のお話を聞きました(11月17日)

1116杉田薬剤師.png

 昨日(16日),2年生が,学校薬剤師の杉田先生に,薬物乱用防止のお話を聞かせていただきました。人間は37兆個の細胞からできており,毎日1兆個の細胞が死んで新しい細胞が再生されると聞きました。それでも,全ての細胞が1日で生まれ変わるわけではなく,骨なら3カ月,心臓や脳細胞に至っては,出来上がったら減ることはあっても,増えることはないと言われました。だから,薬物依存によって,脳細胞が死んでいくということは,大変な事なのだとお話されていました。

 余談です。杉田先生は,健康についての関心が高く,身体を鍛えることが趣味と聞いています。体を鍛えると新陳代謝がよくなり,古い細胞が新しい細胞へ変わるのだそうです。私もお話を聞いて,スクワットをしたり,腹筋をしたりして代謝をよくしていきたいと気持ちを新たにしました。ありがとうございました。

紅葉がピークです(11月16日)

1116紅葉.png

 この土日(14,15日)に,学校の裏にある大慈寺(だいじじ)と敷地にある大楽寺(だいらくじ)の紅葉を見に行ってきました。今年の紅葉は鮮やかで見ごたえがありました。左写真の上2つの大慈寺は,校歌の中にある南天山の城主にあたる和智氏が開基されたお寺です。澄み渡る青空と紅葉の黄色や赤そして,地面に目を移すと色鮮やかな落ち葉です。また,左写真の下2枚の大楽寺は,春はしだれ桜で有名ですが,秋は道すがらの紅葉の天井が鮮やかでした。今年の紅葉は見ごたえがあり,日彰館のおもてなしプランに留学生が来れば,自然を満喫してもらえたのにと残念に思いました。

 晩秋から木枯らしの季節に向かうと,いっぺんに寒さが厳しくなります。ウイルスに負けないよう,健康管理に気を付け生活していきましょう。

よっしゃ吉舎記念コンサート(11月15日)

1115杮落し.png

 今日(15日)は,「よっしゃ吉舎」で,本校吹奏楽部と日彰館吹奏楽部によるこけら落しがありました。素晴らしいホールで,素晴らしい演奏を聴くことができました。今年は,コロナ禍で,吹奏楽部の演奏する場が少なく,子どもたちにとっては,寂しい1年だったと思います。しかし,新しいホールの225席は満席で,たくさんの拍手に包まれ,思い出に残る最高の演奏になったと思います。中学校3年生のとって,最後の演奏機会ということもあり,緊張する表情は遠目にもよくわかりました。しかし,今日の天気のようにさわやかで,すがすがしい演奏でした。合同で演奏した「ふるさと」は,きさ教育の日のフィナーレの曲です。声に出して歌うことはできませんでしたが,私は,最後のフレーズ,「…僕のふるさと ここはふるさと」を「僕のふるさと きさはふるさと」と,心の中で言い換えてかみしめながら歌わせていただきました。

 吹奏楽部の皆さん,感動的な演奏をありがとうございました。また,町内の皆様,多くの方に来場していただいたことに感謝申し上げます。

※18日(水)17時30分からピオネットで上映されます。

海外青年協力隊から帰国された元本校職員が来校されました(11月14日)

1113谷口.png

 昨日(13日),8年前に本校で先生をされていた谷口様が本校を訪ねてこられました。彼は,本校で3年間勤めた後,JICAの事業に参加,5年間,南米2か国で,野球の指導をされていました。本来であれば,もう1年ブラジルでお勤めされる予定でしたが,コロナの影響で1年早く帰国されたそうです。南米では,指導するだけでなく,スペイン語,ポルトガル語が話せるようになったそうです。帰国後,小学校教員の免許を取り,今後は,浜松市で外国籍の子どもたちを指導できる小学校教員を目指すと話をされていました。お話を聞きながら,若さと情熱がうらやましくなりました。浜松でも頑張ってほしいです。

 昨日の話同様,生徒に話せる機会を作り紹介したいと思います。ありがとうございました。

 ※15日13時から,「よっしゃ吉舎」のこけら落としがあります。本校と日彰館高校の吹奏楽部が演奏します。是非,聴きに来てください。

県立歴史民俗資料館に行ってきました(11月13日)

1113久保.png

 昨日(12日),三次市内の小中高の校長会研修会で広島県立歴史民俗資料館に行ってきました。研修会では,不祥事防止研修と働き方改革について,各校の実践を持ち寄り,交流するとともに,各校の実践に活かせるよう協議を行いました。

 その後,刀鍛冶を仕事にされている,久保様にご講演をいただきました。大学院まで植物の研究をされていた久保氏が,人間国宝の隅谷正峯(刀匠)と出会い,隅谷氏が言われた「一生かけても,鎌倉時代の名刀を再現できなかった」という言葉から,なら「私がやろう」とこの道を志すようになったと言われました。 親の反対を押し切って,覚悟の上でついた生涯の仕事です。今は,鎌倉時代の刀を科学的に分析し,この時代の特徴である「映り」を再現できたと話されました。次は,今までにない刀を創造すること,後継者を育成すること等6つの目標を立て,高みを目指して精進されています。広島県教育委員会が,15歳の生徒に付けてもらいたい3つの力の一つ,「自分の人生を選択する力」について考えることができました。今後,機会を見つけ,生徒に紹介していきたいと思います。

 

市議会議員 掛田勝彦 様 来校(11月12日)

1112_掛田議員.png

 昨日(11月11日),掛田議員様が来校されました。掛田様は,昨年まで本校の学校評議員を務めていただいていました。また,青少年健全育成吉舎町民会議広報啓発部として,広報誌「ほほえみ」を発行していただいています。昨年2月の立志式以来,久しぶりに来校されました。この日は,町内小中高を回り,各校の様子を聞かせていただいているということでした。私は,13日の吉舎中学校文化祭の事や,学区で取り組んでいる保小中高と地域をつないだ「山野芋子物語」のことなど,話をさせていただきました。地域の活性化について,熱心に聞いていただき,掛田様からは,地域と学校をつなぐためのヒントをいただきました。

 ありがとうございました。

おもてなし会議に参加します(11月11日)

1110おもてなしテレビ会議.png

 11月20日に,日彰館主催の「おもてなしプラン」が計画されています。今年度の「おもてなしプラン」は,日彰館高校を起点に,テレビ会議を使って,外国にいる留学生,学区内の小中学生,ホストファミリーとの交流になります。今日(11月10日)は,オンライン交流のリハーサルを小中高で行いました。中学生は,会の中で「総合的な学習」で学んだ平和について話せる時間をいただいています。本校生徒が「おもてなしプラン」へ参加させていただけることに感謝しながら,この体験を力に変えてほしいと思います。初めてのことです。会がスムーズに進むように協力していきます。よろしくお願いします。

吉舎食品,プラザシューズの承諾を得ました(11月10日)

1110吉舎食品.png

 昨日(11月9日)の所長・校長会で話し合った保小中高の取組を,吉舎食品の山中社長様に聞いていただきました。吉舎小中一貫教育 夢キャラクターの「はんさむコロッケ」は,吉舎食品の人気者で「山野芋子」の孫にあたるという設定です。「吉舎食品」の名前を使わせてもらえるようお願いに行きました。山中社長様から快く承諾をいただきました。話の中で,「山の芋」が吉舎の特産物になった時のことや,「山の芋コロッケ」ができた話など楽しく聞かせていただきました。さらに,吉舎食品としてできることはないかと,協力を申し出ていただきました。ありがとうございます。

 また,「はんさむコロッケ」の靴は,プラザシューズで買ったという設定なので,「プラザシューズ」の名前を使わせていただけるようにお願いをしました。店の方は,「イベント好きだった亡くなった父が聞いたら,喜んでくれます」と感激されました。もちろん,快諾していただきました。

 この取り組みを通して,きさ学区の保小中高や地域の輪が広がっていることを実感できた1日となりました。

カイハラから提案していただきました(11月9日)

1109校長会.png

 今日(11月9日),吉舎学区所長・校長会にカイハラ産業株式会社から2名来ていただきました。山野芋子ファミリーをデニムにデザインしたもの(左の写真の右上)や,デニムに「おもてなしプラン」ののぼりを印刷したものは,心がウキウキするものばかりでした。高校生の保育所訪問が,令和3年1月28日(木)に決まったので,カイハラの提案をこの取り組みにどう活かしていくか,これからの活動がますます楽しみになってきました。人形劇を仕上げる日彰館高校の「山野芋子物語」の夢キャラクターが,保育所の園児の皆さんにどれだけ広まっていくか,私たちは,さらなるアイデアでこの会を盛り上げていきます。今後もこの紙面を通してお知らせしていきます。

 この度は,カイハラの皆さんありがとうございました。

サツマイモを収穫(11月8日)

66ED3BB8-BF26-45AA-AE74-DB1E2765C2B9.jpeg

 11月4日、技術・家庭科部がサツマイモを掘りました。2畝植えましたが、管理が不十分で収穫ができるか心配していました。

① 雑草や芋の蔓でいっぱいでした。② ひと畝、蔓を切りました。③ふた畝目の蔓を切り、雑草を抜きました。④マルチをはがして、蔓を頼りにいもの収穫をしました。たくさん収穫できたので、この後、しばらく乾燥させて、甘くなるのを待ちます。

 次は、17日に「山の芋」の収穫を行います。

三味線の音に聴き入りました(11月7日)

1105三味線.png

 11月5日午後、三次市教育委員会文化と学びの課にお世話になり、7人の三味線奏者に来ていただきました。普段は一緒に活動されることのない三線・長唄三味線・義太夫三味線・津軽三味線奏者の方の4種類の音色を聴くことができました。三味線の落ち着いた優しい音だけでなく、激しくリズミカルなところも聴かせていただきました。80分の公演はあっという間に終了しました。ありがとうございました。

 また、渉外担当の方、3台の車で機材を運び、会場を作っていただいたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

ウイリアム先生ありがとう(11月6日)

1105ウイリアム.png

 9月3日から2か月間,ALTとしてウイリアム先生に来ていただきました。その間には,普段の英語の授業だけでなく,6年生体験入学での体験授業や茶道部での毎回の交流等お世話になりました。左の写真は,茶道部の部活動前に撮った写真です。ウイリアム先生には,茶道など日本文化に親しんでもらうことができました。短い間でしたが,お世話になりました。

 今後は,山口県周南市でALTとして勤務されると聞いています。お体に気を付けて頑張ってください。

 

マナー講座に上下高校から来ていただきました(11月5日)

1104指導.jpg

 昨日(11月4日)上下高校商業科の木村先生に来ていただき,3年生は,「マナー講座」「面接対策講座」を受講しました。マナー講座では,コミュニケーションをとるためには,挨拶,笑顔,身だしなみ,立ち振る舞いについて学びました。挨拶のポイントは,「あ…明るく,い…いつでも,さ…先に,つ…続けて」と教えていただきました。面接対策講座では,「一番は『本気度』,本気の気持ちを伝えられるかどうかがポイント!」と話されました。木村先生ありがとうございました。

 私は,これから生徒と面接練習をします。生徒の皆さんは,受験に向けて志望理由を整理していくと思います。本気の気持ちを伝えるために,志望校について一生懸命調べて,自分が進路先で何を学びたいのか,わかりやすく伝えられるように,準備をしてください。

社会参画について(11月4日)

1102道徳.jpg

 11月2日(月),私は,担任と道徳加配担当の先生と3人で,2年生の道徳の授業を行いました。テーマは,「社会参画」です。建築家の坂茂さんの生き方をみんなで考えました。坂さんは,中学校からの夢であった建築士になり,仕事の幅を広げていきます。しかし,何か心に引っかかるものがあったそうです。「建築家は社会に対して何ができるか?」自問しながら,世界中の被災地(地震)への支援を自ら始めます。現地に出向き,建築家としてできることを,現地の人と相談して,紙のシェルターや紙の間仕切りシステムという形で支援を実現していったのです。これを「社会参画」と言います。

 授業の終末に,こんな話をしました。

 今年初めに小中高で集まって,「山野芋子を地域の活性化につなげることができないか」という話し合いをしました。その小中高の話し合いから,小中で「はんさむコロッケ」が生まれ,山野芋子物語につながっていきました。さらに,日彰館高校は,小中の取組を「人形劇・紙芝居」という形で,保育所は「コロッケダンス」という形で,活性化につなげようとしています。この取組が,カイハラ産業や参彩堂を動かし,町内の企業が,小中高と協力して,吉舎町活性化へつなげたいと,「社会参画」を申し出てもらっています。心強くもあり,小中高の取組が周りを巻き込みながら,確実に活性化につながっていることを実感しています。

生徒からの手紙の返事をいただきました(11月3日)

1102.jpg

 先月の花植えボランティアでは,植えた花を届けるときに生徒からの手紙を添えました。その手紙を読まれた地域の方が,昨日(11月2日),返事をもって来校されました。地域の方が,大変に喜んでおられる事や生徒から届いた花だから責任をもって育てたいという気持ちを話していただきました。いただいた手紙は,すぐに3年生に届けました。

 生徒の皆さんの行動が,地域の方の元気につながっていることを実感できた時間となりました。ありがとうございました。

 

「よっしゃ吉舎」のテープカットに行ってきました(11月2日)

1101よっしゃ吉舎.jpg

 昨日(11月1日),「よっしゃ吉舎落成記念」テープカットに行ってきました。冒頭,委員長の平岡様から施設ができるまでのお話,市長からは,施設に対する熱い言葉をいただきました。約120名で行ったテープカットの後は,施設を内覧させていただきました。ホールは可動の180席,2階は45席と225席が使え,パイプ椅子を出すと279席になるということです。その他,支所,自治連,図書館,児童クラブなど,町民の希望が詰まった素晴らしい施設です。皆さんの思いの詰まった拠点施設は,15日がこけら落としとなります。(図書館は,15日の10時過ぎから使えるそうです。)

 生徒の皆さんも積極的にこけら落としに参加してほしいと思います。

きりこちゃんと一緒に(11月1日)

彩堂1030参.png

  30日(金), 参彩堂(みさいどう)さんに来ていただきました。「参彩堂」は,吉舎町敷地にある菓子店です。Iターンで吉舎に住まれるようになったそうです。11月15日(日)吉舎町の拠点施設(よっしゃ吉舎)のこけら落としに,参彩堂から,三次市のゆるキャラ「きりこちゃん」と吉舎小中一貫教育推進協議会の夢キャラ「はんさむコロッケ」入りのクッキーが配られます。(数量制限あり)試作品ができたということで持ってきていただきました。(左写真上)出来栄えに感動しながら,15日のこけら落としが,ますます楽しみになりました。15日には,本校吹奏楽部と日彰館高校吹奏楽部が新しいホールで演奏させていただけることになっています。記念すべき15日を多くの方と楽しみたいと思います。

 皆さん,15日(日)には,「よっしゃ吉舎」で会いましょう。

町内にプランターを置いていただきました(10月31日)

1028花運び.png

 27日(火),28日(水)の2日間を使って,学校の周りの商店,個人宅へプランターを置いていただくお願いに行きました。このボランティアには,11人の生徒が手をあげてくれました。左の写真の上は,2名の生徒と民生委員さんで,プランターを店の前に置いてもらえるようにお願いをしているところです。下は,とみしの里へ配達しました。29日には,プランターを町内85か所に置いて,花を楽しんでもらえるようにしました。

 ご協力ありがとうございました。

学校保健委員会を開催しました(10月30日)

1028hoken2.png

 10月28日(水)に三浦クリニックの三浦 誠司医師に来ていただき,保健委員会並びに衛生委員会を行いました。生徒の健康診断や保健室の利用状況を説明し,先生からの助言をお願いしています。今回は,コロナやインフルエンザの対応を聞かせていただきました。

 ①「発熱した時は,登校しない。かかりつけの病院へ電話で相談し,医師の指示を受ける。」

 ②「今年度,三次市内は,インフルエンザの検査を実施しない。(予定)」

 ②は,コロナの初期に,インフルエンザの検査を行った医師が,コロナに感染した例が複数例報告されたからだそうです。問診や視診等でのインフルエンザ判定になると聞きました。コロナの感染疑いがある時は,かかりつけ医から「発熱外来」(三次中央病院)を紹介してもらい,ドライブスルー方式でPCR検査を行うようにシステム化されていると聞かせていただきました。そして,今年度,インフルエンザの予防接種を受けておくように,私たちは先生から指導を受けました。 ありがとうございました。

青少年育成吉舎町民会議に出席しました(10月29日)

1028seisyoukyou.jpg

 昨日(28日),青少年育成吉舎町民会議(青少協)に出席してきました。この会は,青少年の健全育成を目的に活動が進められる組織で,子どもの安全確保のための環境整備部は,青色パトロールや見守り看板の点検,補修,酒・タバコの自動販売機設置店舗の巡回活動を行い,広報啓発部では,意見発表大会や広報誌「ほほえみ」の発行を行っています。次は12月に「ほほえみ」を発行する予定です。昨日は,左の写真にあるように,「この町はみんなで子どもを守ります」の看板の補修(ほどんと文字が見えなくなっています)についての話が出されました。町内の子どもたちの状況も変わり,看板の位置も見直します。地域で,新設してほしいところがあれば,中学校(43-2115)へ電話をください。

 青少協のように,子どもたちの安全を支えるために活動する組織があるということを知っていただき,中学校の校長として,保護者の皆さんにできるところで協力をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

防火水槽のポンプの修理をしてもらいました(10月28日)

1028bouka.png

 今日(28日),防火水槽のポンプの修理に来ていただきました。校舎裏に防火水槽があります。この四角い建物の下に,水が蓄えられており,いざという時にポンプで水をくみ上げる仕組みになっています。この度,鉄の管が朽ちて,水が上がらなくなり,修理していただくことになりました。上の写真は,鉄の管にねじを切り,鉄パイプをつなげるための作業をしています。

 先日は,防火扉の修理,11月下旬からは,体育館の2階の壁の補修等,知らないところで,多くの方にお世話になりながら生活できています。皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございます。

 

花の配達をお願いします(10月27日)

1027hana2.jpg

 今朝(27日)から,民生委員さんが,地域に花を配るために,学校へ来られています。左の写真は,徳市,中四字の民生委員さんで,37個のプランターを配達していただきました。今週中に7人の民生委員さんに配達をしていただきます。また,学校の近所は,生徒が,民生委員さんと一緒に,管理をしていただくおうちの方に挨拶をして,花を届けていきます。合計230個のプランターを地域に預けます。ひょっとしたら,進学した高校で自分たちが植えた花を見ることになるかもしれません。来春5月末までよろしくお願いします。

 左のカードは,今年度 吉舎夢キャラクターの仲間に加わった「はんさむコロッケ」です。花植えボランティアを頑張ってくれた人に渡しています。

花植えボランティア大成功(10月26日)

1026hana.jpg

 今日(26日)の放課後,今年度2回目の花植えボランティアを行いました。今回は,民生委員様,社会福祉協議会会長様が地域を代表して出席をしていただき,一緒に花植えを行いました。生徒は46名(全校生徒の2/3)が参加してくれました。教員と合わせると50人以上となり,作業時間40分でプランター260個に花を植えてくれました。すごい。本当に数は力ですね。しかし,明日は体のあちこちが筋肉痛ではないかと思います。

 あらためて,地域の皆さん,生徒の皆さん,ありがとうございました。

 明日から数名の生徒で,学校の近所は花を配達に行きます。お楽しみに!

配布物について(1025日)

1025配布物.png

 学校には多くの配布物が届きます。中学校からの配布物以外に,多くのチラシを持って帰ります。保護者の皆様も目を通してみてください。左の写真は,最近配布したものです。(「よっしゃ吉舎」と「共同募金」のチラシは生徒配布していません)

 左上の県教委から届いた「くりっぷ」には,国のギガスクール構想について,明王台高校での一人1台コンピュータの活用について,みらさか小中のタブレットを使った主体的な学びについて書かれています。また,県北には商業高校はありませんが,商業高校の「ビジネス探求プログラム」についての紹介もあります。県内の最先端の教育情報が載っています。是非読んでください。

 11月1日は「ひろしま教育の日」です。1日から1週間は,県内各地で教育に関する様々なイベントが行われます。吉舎中学校では,この1週間は,保護者の皆様に,自由に授業を参観していただけます。感染予防対策を行っての参観となります。マスクの着用,手洗い,検温の上,参観をしていただきますようよろしくお願いします。(詳しくは,学校からのお知らせをご覧ください。)

共同募金が始まりました(10月24日)

1023bokin.png

 先日,社会福祉協議会より赤い羽根の共同募金の依頼に来られました。私は,カープのピンバッチを購入しました。ピンバッチは,教職員の間でも人気があり,5つも希望がありました。この募金は,都道府県を単位にして行われているので,カープのピンバッチが作られるのも頷けます。県内の子ども,高齢者,障がい者などを支援するさまざまな福祉活動や,災害時支援に役立てられる,最も身近な地域の支援のための募金です。保護者の皆様にも,文化祭でお願いしようと思っています。

花植えボランティアの花を仕入れました(10月23日)

1022tugawanouen.png

 昨日(22日),26日に行う花植えの花をもってきていただきました。今年は,7月の長雨,8月の高温で,例年より苗の成長が半月遅いと聞きました。夜,寒くなって,やっと花が咲き始めたそうです。最近は,高温や集中的な雨など,極端な気象で,花を栽培される農家は苦労が多いそうです。今年は,暑さで,夏を越せなかったマリーゴールドが多く,8月後半から,今までにないほど,マリーゴールドの注文が多かったそうです。今回は,パンジー400株,ビオラ400株用意していただきました。いつも,無理を聞いていただき,花を準備していただいています。ありがとうございます。

PTA本部役員会ありがとうございました(10月22日)

1021(22)PTA.png

 昨日(21日),PTA本部役員会を行いました。部会報告は,学級部から9月16日のPTA教育講演会について報告がありました。私は,今回の講演は聞きごたえがあったので,もっと多くの保護者に聞いてもらいたかったです。また,厚生部からは,夏のPTA環境整備について報告がありました。保護者の協力を得て,精力的に活動をしていただいたことに感謝しております。文化部からは,1学期,2学期末のゆずの里について報告と予定が話されました。また,青少年健全育成吉舎町民会議の環境整備部に出席をされた副会長から,「この町はみんなで子どもを守ります」の看板の補修や交換,新設について報告と相談がありました。保護者の皆様には,今月28日の青少年健全育成吉舎町民会議の役員会を受け,看板の補修や新設について,地域の状況を聞かせていただきます。

 今回の本部役員会の主議題は,PTA規約の改正についてでした。生徒減少に伴い,部会の再編について協議しました。詳しくは年内に,保護者の皆様に意見を出していただき,来年度から,新規約で活動できるように,1月の書面決議を目指し,準備していきます。後日,意見を出していただけるように準備しますのでよろしくお願いします。

26日は花植えボランティアです(10月21日)

1019minsei.jpg

 先日(19日)に民生委員さんに来ていただきました。今年度は,コロナの影響で,民生委員さんを含めた地域の方と一緒に花植えをすることができていません。1回目の花植えは,中学生だけで行い,その花を民生委員さんを通して,地域へ持って行ったり,取りに来ていただいたりしました。多くの方に喜んでいただきました。2回目の花植えを26日(月)16:15から行います。今回は,民生委員さんに2名入っていただき,ボランティア生徒40人と教職員で行います。26日以降に配達ボランティア11人で学校の近くには配達をしていきます。

 よろしくお願いします。

待ちに待った昼休憩の体育館利用(10月20日)

1020basuke.png

 6月に学校が再開されましたが,昼休憩の体育館利用は禁止にしたままでした。生徒の体育館利用の要望が強く,私のところへ「マスクをつけるので,体育館利用の許可をお願いします。」と言いに来る生徒もいました。夏であればコロナ以上に熱中症の危険性が高いのですが,涼しくなった今,「①マスクをつける。②前後の手洗いをする。」という条件と「③条件①②が守れない場合は,利用を停止にする。」という約束で,体育館利用を認めるように先生方と協議しました。これを今朝の学校朝会で,生徒指導主事の先生が説明をしました。今日は,久しぶりのバスケットを,多くの生徒が楽しんでいました。マスクをつけてのバスケットは苦しいと思いますが,決まりを守ってしっかり楽しみましょう。

自衛隊三次地域事務所広報官が来校されました(10月19日)

1019jieitai.jpg

 今日(19日),広報官の徳光様が来校されました。生徒募集や,防災教育についてお話を聞くことができました。先日(10月2日),お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーさんが,陸上自衛隊の高等工科学校の一日学校長の体験をした様子がテレビで放送されました。その反響が大きかった事も話されていました。陸上自衛隊高等工科学校とは,神奈川県横須賀市の陸上自衛隊武山駐屯地内にある,自衛隊員を育成する全寮制の男子校です。全国の中学校から進学できる学校で,その番組では,生徒が厳しい訓練や勉強に取り組んでいる姿が紹介されたようです。

 また,自衛隊防災教育では,近隣の中学校が実施したプログラムを紹介していただきました。救急搬送や人命救助システム等の疑似体験を交え,災害派遣の体験談や災害時の心構え等を話していただけると聞きました。本校は,水防法が改正されたことに伴い,昨年,洪水時の避難確保計画を作成したばかりです。そこで,本校における避難の具体について,少しお話をしていただきました。町内の防災訓練が中止になったこともあり,自助,共助,公助の大切さについて再確認しました。今月30日の避難訓練で,生徒には,話したいと思っています。

マスクケースをいただきました(10月18日)

1013masuku.png

 人権擁護委員会より,1人で悩まず相談できるようにと「みんなの人権110番」,「子どもの人権110番」,「女性の人権ホットライン」の電話番号入りマスク用ジッパーバックをいただきました。体育や部活そして予備のマスクを入れるのに,丁度いいサイズです。しっかり使って,コロナ対策に役立てましょう。9月25日に配布しました。

 ありがとうございました。

エアコンがつきました(10月17日)

1016kutyo.jpg

 学校再開に伴う感染症対策・学習保障等に係る支援事業として,小・中・高に補助金が交付されました。本校では,主に,子どもたちの学習保障支援として,これまでエアコンのなかった美術室と音楽室の2教室に設置を要望していました。この度,念願かなって10月16日に設置していただきました。両教室でのこれからの学習を考えるとホッとしています。

 今年は,8月のお盆の1週間を除いた約20日間を開校しました。シビアな話ですが,8月の電気代は,16万円でした。(ちなみに9月は12万円でした。)学校で安心して学べるよう,教育委員会からは,多くの支援をいただいています。私たちは,この環境に感謝し,しっかり学んでいかなければならないと改めて思いました。

 本当にありがとうございました。

 

日彰館高校学校運営協議会に出席しました(10月16日)

1016nikkou5.png

 今日(16日),午前中に日彰館高校へ行ってきました。この会では,学校評価の中間報告を聞かせていただきました。教務主任をはじめ総務,生徒指導,進路指導,各学年代表の先生方が,目標に対してどのように取り組み,達成状況はどうか,次々と発表をされました。そして,同窓会長から,「日彰館高校のこれから」について,提言してほしいと言われた時に,出席された先生方から,日彰館愛を感じる熱い思いを話していただきました。

 学校運営協議会(コミュニティスクール)は,地域と学校が一緒になってどんな子どもたちに育てていくか,高校の未来像を共有し,連携・協力して子どもたちを育てるための組織です。私は,地元中学校の校長として,カリキュラムを通して,小・中・高の教職員同士,児童・生徒同士のつながりを太くし,協働して子どもたちの資質・能力を高められるように支援したいと思っています。会に出席された委員の皆さんと参画意識をもって「地域とともにある学校」づくりをしていきます。

 11月20日の「おもてなしプラン」を楽しみにしています。今日は,ありがとうございました。

吉舎中学校の開校について(10月15日)

1015kumoi.jpg

 昨日(14日)吉舎町安田の雲井様に「吉舎中学校開校」についてお話を聞かせていただきました。3年生は,現在総合の時間に一人一研究に取り組んでいます。1人の生徒が,「中学校の歴史が知りたい」と私に聞きにきました。それに応えて,お話を聞くことができました。吉舎中学校は,吉舎中学校沿革史に,昭和22年4月22日,日彰館第7校舎に創設とあります。創設当初の事が,もっと知りたくて,日彰館125年史を中心になって作成された雲井様に相談しました。左の下の写真,「日彰館100年の歩み」を見せていただき,知らなかったことが分かり始めました。日彰館の男女共学と中学校の移転が大きく関わっていることを初めて知りました。生徒にも史料を渡し,参考にするように言います。

 私は,今後調べたことは,記録に残しておこうと思います。ありがとうございました。

 

カイハラからいいお話をいただきました(10月14日)

1014kaihara.jpg

 今日,(株)カイハラ産業吉舎工場から課長さん2名に来ていただきました。以前から,保小中高の取組に吉舎の企業として,協力できることはないかと,申し出ていただいておりました。今回,保小中高で取り組む「山野芋子物語」に興味を示し,バックアップを約束していただきました。

 ジーンズ生地にレーザー加工で左上のような文字や絵を入れることができることを聞かせていただきました。それを利用して,「はんさむコロッケ」や「山野芋子」の夢キャラ入りのデニム素材の何かをと考えています。カイハラ産業さんでも,サンプルを作ってみようと今年度の「新キャラクター10選」を持って帰っていただきました。心強い企業の支えをいただきながら,保小中高の取組を強化していこうと考えています。今日はありがとうございました。

 メールを見られた方で,いいアイデアがある方は,中学校へアイデアメールを送ってください。

八幡コミュニティの館長さんが10月1日より変わられました(10月13日)

1013yawatacomyu.jpg

 先日,八幡コミュニティセンターからご挨拶に来られました。

 10月1日から館長さんが 古田 宥真(ゆうしん)様に変わられました。古田さんは,雲通の臨済宗仏通寺派黄梅院の住職さんです。私は,これまで2度,黄梅院に行かせていただきました。その時には,座禅を体験し,護摩業(炎の前でお経を唱える修行)を見せていただきました。お世話になりました。

 新館長様より,今年度の「ふれ愛まつり やわた」が中止になったことを聞きました。残念ではありますが,八幡小学校の八幡子ども太鼓やオペレッタについては,ビデオに撮って,次年度につなげて行くと聞いております。また,中学校は,10月26日以降,花植えボランティアで小学校やコミュニティと関わっていきます。よろしくお願いします。

吉舎歴史民俗資料館企画展始まる(10月12日)

1112(11)ginzan.png

 昨日(11日)から「銀山街道を往く ―大森から吉舎宿・尾道へー」の企画展が始まりました。

 残念ながら,島根県大田市,邑智郡美里町,飯石郡飯南町,三次市,世羅町,尾道市の働きかけによる銀山街道の日本遺産登録にはつながりませんでしたが,吉舎を通る「銀山街道」は,歴史的事実として残っています。私たちの故郷である吉舎で何があったのか,この機会に「あーとあい・きさ」を訪ね,文化遺産にふれてみましょう。なお11月1日(日)13時から ワークショップ「わら草履づくり体験」が企画されています。参加費300円とはなりますが,是非参加してください。

この10月より,新しく館長として,星野正嗣様が就任されました。

河野美代子先生のブログを見てください(10月11日)

1011(09)ireihi.jpg

 先日講演に来ていただきました河野美代子先生の「河野美代子のいろいろダイアリー」miyoko-diary.cocolog-nifty.com/に本校の事が紹介されました。河野先生は毎日ブログを更新されておられます。その中で,吉舎中学校の事を紹介をしていただいています。嬉しく拝見させていただきました。

 校長室で河野先生が,「吉舎支所のそばにある原爆慰霊碑に行きたいので場所を教えてほしい。」と言われました。理由を聞いてみると,この碑は,森滝市郎先生の書かれたものと話されました。気になった私は,次の日(9日)の朝,行ってみました。そして,その碑のことをHPで調べてみました。(masuda901.web.fc2.com/page5cnx76b.html) そのHPで,森滝先生が,吉舎の星田病院に入院されていたことを初めて知りました。改めて,地域に残る慰霊碑や記念碑を調べて,吉舎中学校に残しておかなければならないと痛感しました。1年生は,これから平和学習を行っていきます。森滝先生のことを伝え,さらに学習を深められるようにしていきます。河野先生ありがとうございました。

生徒アンケート結果(講演で良かったと思う内容は何でしたか?)より

内容 1年 2年 3年 合計
1 病院の話 12 11 31
2 体のしくみ 15
3 思春期の悩み
4 DVD 14
5 プライバシー 13
6 コミュニケーション

13

 

三次市教育委員会の訪問がありました。(10月10日)

1010(09)sikyoui.jpg

 昨日(9日)教育委員会から4名の訪問がありました。出席簿や授業記録簿等、関係諸帳簿が、適切に処理できていることを確認していただきました。例年は、春に1回来校されますが、今年度はコロナ禍で、短時間で2回訪問していただきました。ご指導をいただきましたことを,しっかり吉舎中学校教育に活かしていきます。

 ありがとうございました。

PTA教育講演会開催(10月9日)

1009(08)seikyouiku.png

 本日(10月8日)は,河野産婦人科クリニック院長 河野美代子 先生をお迎えして,PTA教育講演会を開会することができ,嬉しく思います。昨年から,河野先生のお話を是非聞きたいとPTA学級部から強い要望がありました。この要望に応え,「三次市教育委員会,文化と学びの課」に,ご尽力をいただいて会を実現することができました。ありがとうございます。

 今年度はコロナウイルスの影響で,1学期はほとんどの行事ができませんでした。しかし,2学期からはウィズコロナの言葉通り,社会見学や,今日の教育講演会等,十分な感染症対策を取りながら少しずつ,行事を始めることができるようになりました。今日は念願かなっての,講演会となります。会場にお集まりの皆様,しっかり聞いて,自他の性について考えていきましょう。(開会のあいさつより)

<私の感想>

子どもたちに「素敵な大人になってほしい。」という思いを込めて「知ることは力」,性についての若い人の「3つの無知」を話していただきました。私が心に残った言葉は,「男性は女性の体に責任を持ちなさい。女性は,自分の体に責任を持ちなさい(大切にしなさい)」という言葉でした。ありがとうございました。

吉舎学区所長・校長会を中学校で行いました。(10月8日)

1008(07)kendo.jpg

 昨日(7日),吉舎学区内の吉舎保育所の所長様,吉舎小学校,八幡小学校,日彰館高校の校長様に来校していただきました。

 左の写真は,2年生の保健体育(剣道)を参観していただいたものです。

 会では,吉舎の教育推進に関わり,行事や教育課程等交流しました。今年度は,山野芋子物語が共通の話題で,小中で新キャラクターを作り,その新キャラクターを入れた物語を作り,その物語を紙芝居(人形劇)で日彰館高校の生徒が保育所の園児に披露するという流れです。高校からは,今回最優秀賞に選ばれた「はんさむコロッケ」が紙芝居の中で登場した時に,園児が騒いで喜ぶぐらい,キャラクターの知名度を上げておいてほしいという希望がありました。そんな難しいリクエストに対し,保育所では,歌入りの「はんさむコロッケダンス」を作っていると,その場で歌と振り付けの一部を見せてもらい,盛り上がりました。きっと楽しい会になると思います。その他,(株)カイハラからも協力の申し出をいただいています。

 日彰館は,今年度の「おもてなしプラン」をオンラインで行うということですが,中学校も何らかの形で参加したいと思っています。 吉舎学区所長・校長の皆様ありがとうございました。

道徳授業研ありがとうございました。(10月7日)

1007(06)kisasyo.png

 昨日(6日)私は,吉舎小中一貫教育部会長として,吉舎小学校6年生の道徳授業(研究会)を参観させてもらいました。

 授業の主題は,「友情」「信頼」で,3人の友達が,ロレンゾのためにどう行動すればよかったのか「真の友情」とはどのようなものか考えていきました。そして,6年生から出た意見を基に,さらに考えてみたいところを選んで,グループごとに考えを交流しあいます。三次市小中の道徳担当者が集まっての会で,50人の大人を前によく頑張りました。

 最後は,友だちとどのように協力していけば友情が深まっていくのか,16日に行う,吉舎小スポーツフェスタに向けて,6年生の気持ちを発表してくれました。

ありがとうございました。

半年後,皆さんが,吉舎中学校へ入学することを楽しみにしています。

薬物乱用防止キャンペーン(10月6日)

1006kisaraion.jpg

 今朝(10月6日),吉舎ライオンズクラブから来校され,薬物乱用防止について,生徒に声をかけていただきました。例年であれば,薬物乱用防止に係るチラシやティッシュを手渡して,一声かけていただいておりましたが,今年度は,チラシ手渡しなしで,活動していただきました。

 薬物乱用防止のキャッチフレーズは,「ダメ。ゼッタイ。」「愛する自分を大切に!」です。早朝よりお世話になりました。

※ライオンズクラブとは:LIONの意味は「Liberty Intelligence Our Nation's Safety」(自由を守り,知性を重んじ,われわれの国の安全をはかる)の頭文字を並べたもので,チームを作って社会奉仕活動行う世界的ボランティア組織をいう。

Zoomテレビ定例校長会議(10月5日)

1005koutyouken.png

今日は,三次市定例校長会がZoomテレビ会議で行われました。

テレビ会議の中で,広島県が進めています“G Suite(ジースィート) for Education”の活用についての研修がありました。Google classroom(グーグルクラスルーム)を使って,アンケートに答え,すぐに結果をグラフで表示させたり,共同作業で各校の学校教育目標を一覧表にしたりなど便利な機能を学びました。

本校では,まだ,実際に家庭とつないでの利用はできていませんが,技術の時間に勉強しています。

三次市では,数億円の予算をあて,ギガスクール構想(国の施策)に取り組んでいます。その中で,タブレットドリル(国・社・数・理・英の5教科で基礎問題から発展問題まで約4万題)は,一人一人の学習進度に合わせて学習できる教材なので,使える環境にある生徒は,どんどん使ってほしいと思います。

 先日,学校関係者評価委員さんから「ICT教育にあまりにも期待を持たせている状況を聞いて考えさせられました。人間としての生き方,人間同士の心のふれあい,人間の尊厳等の教えは誰がどのようにするのでしょうか?」と不安な声も聞かれました。

 学校は,(ICTを使って調べ学習や家庭学習ができるように進めていきますが,)これからますます,生徒同士や先生と生徒が対話を重ね,学びを深めていかなければならなくなります。そうならない限り,学校で学ぶ価値がなくなってしまいます。ICTが進めば進むほど,対話を大切にしていく事になります。校内でも,今後しっかり研修していきます。

嬉しいメールをいただきました。(10月4日)

1003kasekiji.png

<メール内容(10月1日にいただきました)>

 最近、校長室Nowを楽しく読ませていただいてます。学校便りなどとは、少し違い日々の何気ないことをあげておられるので、学校が身近に感じれます。今後も、楽しみにしております(^^)

 先月より始めた「校長室」ですが,このようなメールをいただくと,気持ちよく更新することができます。ありがとうございます。

 昨日は,安田地区に学校のプランターを取りに行きました。福塩線と香積寺の周りにはたくさんの彼岸花が咲いていました。その後,とみし里に上がり,喫茶店で「山の芋コロッケ定食」を食べました。ごちそうさまでした。

「ひろしまの緑」をご覧ください(10月3日)

1003hana.png

 吉舎中学校の「花植えボランティア」の取り組み

 本校の今年度の取組が,緑づくりのネットワーク情報誌「ひろしまの緑」の3ページに「吉舎学区緑化事業」として取り上げていただきました。6枚の写真(左)を添えて,吉舎学区の概要~まとめまでわかりやすくまとめていただきました。

 今年度,第2回の花植えボランティア(10月26日)を募集していますが,すでに多くの生徒が申し込んでいます。

 生徒会生活保健委員長を中心に,張り切って取り組んでいます。地域からの期待も大きくなった4年目の取組です。

 詳しくは,http://www.green-hiroshima.or.jp/tudoi/vol86.pdf をご覧ください。

町内に配ったプランターを回収してもらっています。(10月1日)

1001hana.jpg

 10月26日が,第2回の花植えボランティアになります。 

 6月に町内に配ったプランターを民生委員さんに回収していただいています。

 町内の皆様,花の管理ありがとうございます。まだ,咲いているマリーゴールドやサルビアがありますが,その花については引き続き,学校で管理させてもらいます。学校では,2年前に植えたベゴニアが元気を取り戻し,今は満開です。越冬させて,3年目に挑戦します。

 民生委員さんからは,「花を話題に,地域で話をしたり,中学生に話しかけたりできるのでありがたいです。」と嬉しいお話を聞かせていただきました。

 今月26日の花植えボランティア後に,町内へ配布していきます。その時にはまたよろしくお願いします。2回目の花は,パンジー,ビオラ,ノールポールを予定しています。

「あーとあい・きさ」からのご案内(10月1日)

1001a-toai.jpg

先日,ポスターを2枚送っていただきました。

1枚は,桜田知文作品展(あーとあい・きさ)(10月4日~)

もう1枚は,銀山街道を往く                         -大森から吉舎宿・尾道へー(10月11日~)

 本校では「あーとあい・きさ」や「吉舎図書館」を積極的に利用しようと生徒に呼びかけています。

<生徒の皆さん,銀山街道の歴史を知ろう> 

 三次市や周りの市町で取り組んでいた,銀山街道を日本遺産にという取り組みは,実現できていませんが,江戸時代に吉舎が,石見銀山から尾道へ銀や鉄を4日間で運んだ3日目の昼食会場であった事は事実です。昼食の献立もたくさん残っています。生徒のみなさんが,吉舎の施設をしっかり利用することで吉舎の活性化につながっていきます。

 是非,この機会に吉舎の歴史を「あーとあい・きさ」で学びましょう。保護者の皆様も「あーとあい・きさ」をご利用ください。

校内授業研2年生体育 マット運動 (9月29日)

0929jyugyouken3.jpg

 昨日は,2年生が体育の授業研を行いました。10時間のマット運動の単元の8時間目の授業でした。

 「はじめ-なか-おわりの連続技を3つ組み合わせて技を完成させる。」を目標に授業を行いました。連続技をスムーズに行うための工夫を出し合い,タブレットで動きを確認していきました。人の技を見て,それぞれが,アドバイスをするのは難しいなと参観をして感じました。しかし,難しいことにチャレンジしていく2年生に,エールを送ります。

 残り2時間で連続技の完成となります。自分に納得のいく技の完成を目指して,練習していきましょう。

 

野竹(のだけ)の花をいただきました。(9月24日)

0924nodake.jpg

 毎週木曜日は,茶道部の活動があります。講師の先生として,野曽原先生に来ていただいています。

 この日私は,出張で留守をしていました。学校に帰ってみると,野曽原先生からということで,校長室に一輪の花がいけてありました。

 この花は,「野竹」という花で,滅多に花が咲かないから,是非見てもらいたいと置いていかれたと聞きました。私も,初めて見る花でした。以前,吉舎駐在所にパンジーを植えたプランターを持って行った時に,警察の方が「お花をもらって嫌な顔をする人は見たことがない。ありがとうございます。」と喜ばれたことを思い出しました。今回は,私が,野竹(のだけ)をもらって元気になりました。お花をありがとうございました。

 <野竹とはどんな花?> セリ科  野竹(のだけ)
 関東地方以西から九州に分布し,湿地性の山地の野原に自生する多年草です。奈良時代から薬草として知られ,民間薬では風邪薬として利用されることもあるそうです。

備北地区中学校種目別交流試合を無事終えました(9月26日,27日)

0926kouryuusiai.jpg

今年度は,コロナウイルスの影響で,運動部の大会が中止になりました。これまで,頑張ってきた3年生のために,節目になる大会を持たせることができないか協議をし,交流試合を実現することができました。天候にも恵まれ,予定していたすべての大会を実施することができました。そして,保護者を含め,どの会場でも,混乱することなくスムーズに運営ができました。

私は,野球の部会長として,26,27日カーター球場で運営にあたりました。勝負に勝ち負けはありますが,ルールを守り一生懸命プレイする姿,また,決勝戦では,敵同士でありながら,捕手が相手方のバットを拾い次のバッターに手渡ししたり,ファールボールを取りに行った捕手のマスクをバッターが拾って,笑顔で手渡ししたりする姿が自然で,部活動の意味や子どもたちの成長を感じました。

 選手の皆さん,多くの感動をありがとうございました。

学校関係者評価委員の皆様に集まっていただきました(9月25日)

0925hyouka1.jpg

 25日(金)5名の学校関係者評価委員をお迎えして,短時間で授業を見ていただき,その後,学校評価の中間報告をさせていただきました。

 1年生の音楽は民謡の鑑賞,2年生の総合は職場訪問のための事前学習,3年生の理科は,力のつり合いについて学習していました。6時間目ではありましたが,どのクラスも熱心に学習していました。委員さんからは,ほめていただきました。

 学校評価では,学校からは,特に「確かな学力」の評価項目である家庭学習時間について,話をさせてもらいました。その中で,ICTの活用について質問が出され,学校からは,タブレットドリルを使って学習すれば,個々の学習時間とその定着度を見ることができる事をお話ししました。先日,生徒にタブレットドリルの説明を行い,実際使わせてみました。(現在の進捗状況です)

 委員さんから,今後は,学校や家庭,子どもたちと機器に関して約束を決めて,子どもたちの大きな成長につながるようにしていってほしいと意見が出されました。

 ありがとうございました。

委員さんが帰られるときに,多くの3年生が挨拶をして,見送ってくれました。

3年生の成長を感じる嬉しい瞬間でした。

三次市家庭学習支援のための通信環境整備に関する補助金について(9月26日)

0925shien.jpg

 三次市では,家庭学習においてICTが活用できる環境を整備し,緊急時における学校の臨時休業等において,遠隔授業及び学校と家庭が連絡できるなど,学びを保証するための環境整備を行うことを目的に,新たに家庭内に通信環境を整備する際の必要経費と3月31日までの通信費の補助を行います。その交付申請(様式1号)の申し込み締め切りが9月30日に迫っています。

 申請後は,通信環境が整い,通信費が発生したのちに,実績報告(様式5号)と補助金請求書(様式6号)を令和3年3月31日までに申請するようになります。

 <お詫び>

 学校通信で,来年1月には,生徒一人一人にiPad を配布できるように書いていましたが,カバーやキーボード等の付属品が間に合わないとのことで,学校で使用させることはできるが,家庭に持ち帰らせることは難しいとお話がありました。大変申し訳ありませんが,ご了承ください。

 

吉舎拠点施設のこけら落とし(11月15日)のイベント要請 (9月24日)

0924jichiren.jpg

 昨日,吉舎自治連の平岡会長と事務局長の畑中さんが来校されました。

 吉舎拠点施設名は,「よっしゃ 吉舎」となったそうです。私も「吉き舎り」として応募しましたが,「よっしゃ」という名前を聞いてなるほどと感心しました。

 自治連から「よっしゃ 吉舎」のこけら落としで,本校吹奏楽部と日彰館高校吹奏楽部に演奏をしてほしいという依頼でした。コロナ禍ではありますが,感染予防対策を十分に行った上で実施されるということです。顧問の伊藤先生や生徒と相談して返事をさせていただくことにしました。

 このような機会を与えていただけることに感謝し,このような時期だからこそ,地域の皆さんに楽しく明るい吉舎中サウンドをお届けできるように働きかけをしていきます。

日彰館高校体育際に行ってきました(9月23日)

9232.jpg

 昨日,日彰館高校の体育祭へ行ってきました 吉舎学区の保小中の代表として,日彰館高校の体育祭へ行ってきました。久しぶりに多くの卒業生に会い,生き生きと演技している姿を見てうれしくなりました。演技種目を学年1,男女1,クラス選抜1,紅白選抜1,全員種目1に絞って,午前半日で行われました。 保護者は3年生限定で,出席確認を取られての観戦でした。受付では,検温と手の消毒を行い,テントでは,密にならないよう保護者席も全て椅子が用意されていました。

 印象に残った種目2つを紹介します。1つ目は,男子全員による「組まない組体操」です。集団行動を中心に,息の合った演技を見せていただきました。2つ目は,生徒全員によるフォークダンス「衆『円』和合」です。男女が手をつながす,向きあってダンスをします。家族的な温かい雰囲気を感じることができました。

 あっという間に12時になりました。大変ありがとうございました。

 吉舎中学校では,10月8日にPTA教育講演会を行います。前もって,保護者の出席を確認させていただきました。当日は,生徒,教職員,保護者,約100人で講演を聞きたいと思います。受付では,検温,手の消毒をお願いします。  

<PTA教育講演会> 13時40分~ 講演者 河野産婦人科 クリニック 院長 河野美代子先生 演題 「性と生を考える」

体育館裏のコスモスを見に来てください(9月22日)

1.jpg

コロナによる臨時休校中に植えた「山の芋」,学校再開後生徒と植えた「サツマイモ」が順調に育っています。

5月には,コロナに負けないように,気持ちを形にしようと,地域の方に借りている畑に「ヒマワリ」や「コスモス」の種を蒔きました。ヒマワリは夏に咲き終えてしまいましたが,今は,コスモスがきれいな花を咲かせています。(体育館裏の畑を見に来てください)

<ヤマノイモやサツマイモについて>

 梅雨時期の長雨と夏の日照りで山の芋の成長が心配されます。7月から十分な畑の管理はでなかったので,どんな芋ができるか心配しています。

収穫は,10月後半から11月に行います。

吉舎中Now 校長室

1.jpg

陸上部は体育館で練習

早いもので,2学期が始まってひと月が経ちました。 

 3年生の運動部は,最後の交流試合(9月26,27日)を目指して,残り少ない部活動に力を入れています。サッカー部は,12日に一回戦を突破し,26日に最後の試合を控えています。陸上部は,19日の記録会(3年生最後の大会)が最後の大会で,部活動を延長して記録更新に挑みます。雨天中止にならないことを祈っています。

 17日には,GIGAスクール構想の一環で,体育館へのLAN設置のために下見に来られました。

上に戻る