校長あいさつ

やさしく かしこく しなやかに

ご挨拶


 

八幡小学校は148年目の春を迎えました。

明治6年の創立以来,歴史と伝統を紡いでまいりました。

昨年は,本校出身の奥田元宋画伯の奥様奥田小由女先生の文化勲章受章という輝かしいニュースにコロナ禍にあっても,子供たちは大きな夢を頂きました。

校長室に飾られた「ひまわり」の絵のように,太陽に向かって自分の個性を花開かせることができる少人数ならでは教育を進めてまいります。

私も着任以来5年目の春を迎え、地域・保護者の皆様の期待に応える使命の重みに身の引き締まる思いです。

校長イメージ

   本年度も「やさしく かしこく しなやかな児童の育成」を目指し複式学級で主体的な学びのある授業をつくり,八幡子ども太鼓,オペレッタ「八幡の四季」を宝に,そして奥田元宋画伯の母校であることを誇りに,八幡でしかできない学びを進めてまいりたいと考えています。さらに,「吉舎で吉舎の子供をどう育てるか」をテーマに保小中高を貫き,オール吉舎で教育活動を充実させ,世界に通用する郷土愛を育んでいけるよう取り組みます。

保護者の皆様,地域の皆様に支えていただき,ふるさとを学ぶ子(アイデンティー),挑戦する子(コミュニケーション能力),未来を創造する子(主体性)をめざす子供像に掲げ,グローバルな資質・能力をもって地域(ローカル)に貢献する子供たちへと導いてまいります。

16人の児童一人一人が主役の教育を進める八幡小学校への御支援,御協力をよろしくお願いいたします。
 

     校長 湯浅 るみ

   

   

 

 

上に戻る